リフォームは日進のアリーブホームまで
HOME>建築メニュー

| 建築メニュー |

耐震補強
耐震補強を行う場合は、まず耐震診断に基づいて補強する必要がある壁を確認し、建物全体のバランスが取れた耐力壁の配置を考えて補強します。中途半端に一部だけを補強すると地震の力が、耐力壁の少ない方へ集中し、かえって建物が弱くなることがあります。又、壁を補強したら基礎と柱を緊結する金物の補強や、小屋裏の金物補強などの検討も必要となります。

耐力壁
建物の強度と剛性の向上に有効な対策として、耐力壁の増設が考えられます。
これは大きく3つの施工方法があります。

(1)筋交いによる補強
柱、梁のみからなる骨組に、筋交いを入れて耐力壁を増設する方法です。

(2)面材による補強
構造用合板、高耐力壁面材などによる耐力壁を増設する方法です。

(3)上記(1)と(2)を併用して施工し耐力壁を増設する方法です。

●筋交い

 

 
 

●面材(壁パネル)

【壁パネル(高耐力壁面】 【構造用合板+ダブル筋交い】
 建物全体を高耐力壁面材で覆い 耐震性能を大幅に高めた事例です。 本当に安心出来る造りとなります。 

topへ戻る

補強金物
柱や梁などの頑丈な部材を生かす為には、それらを組合わせ接合する補強が大変重要となります。

●垂木止め金物

【ハリケーンタイ
垂木と桁、母屋の緊結
【羽子板ボルト
梁と梁、梁と柱の緊結
【ホウルダウン
基礎と柱の緊結

●火打金物 

【鋼製火打
小屋組の隅角部の補強
【キャッチSS
小屋組の隅角部の補強
 【ニートプレート
柱と横架材を接合

●梁受け金物

【梁受けボックス梁と柱、梁同士を緊結
強度不足の為、柱と梁を入れて金物で補強

●筋交い端部金物

【筋交いボックス筋交いを柱と土台又は柱と梁に緊結
 白蟻被害と強度不足の為、柱と梁・筋交いを入れ補強

●基礎・土台接合金物

【キャッチHB基礎と土台を緊結

 

 
    白蟻の被害と腐りの為、
土台を取替え金物で補強
 
土台・基礎
建物全体が無筋基礎の現場で一部基礎が全く通っていない部分に
新たに配筋を組み基礎を入れました。
 
問い合わせ
お問い合わせ

tel

フォームでのお問い合わせ

ご質問等お気軽にご相談下さい。