リフォームは日進のアリーブホームまで
HOME>木の特徴

木の特徴

桧(ヒノキ)
桧(ヒノキ)
仕上部位床・壁・天井・建具・造作材・家具

桧は、ヒノキ科ヒノキ属の針葉樹です。分布範囲は福島県東南部以南の本州、四国、九州、屋久島に分布しています。用途としては、加工し易いこともあり、木造建築物の土台・柱等の構造材、内装の仕上材、彫刻(仏像等)、桶・風呂桶、卓球用のラケット等幅広く用いられています。
又、狂いにくく、耐久性に優れてる為、古くから神社仏閣に使われてきました。国産材最高の建築材料です。

杉(スギ)
杉(スギ)
仕上部位床・壁・天井・建具・造作材・家具

杉は、スギ科の針葉樹で、木目が素直で柔らかく、加工がし易い材料です。杉は、室内の湿度に合わせて水分を吸放出する性能が高い為、肌触りが良く、床材としては足への負担も少ない木です。心材廻りの赤い部分と、その他の辺材部分の白い部分の境界がはっきり分かれていますが、時間とともに色の違いは目立たなくなります。 用途としては、構造材として柱、内装の仕上材、家具、樽、工芸品等、広く使用されています。

松(マツ)
松(マツ)
仕上部位床・床の間廻り

松は、マツ科マツ属の針葉樹です。松は、粘りがあり非常に強いので、木造建築物の梁や桁などに使用されます。又、銘木では和室廻りの仕上材、広縁の縁甲板(床材)や家具等、付加価値のある使い方があります。
黒松(おとこマツ)は海岸地帯・街道筋に、赤松(めマツ)は内陸部に多く見られます。

楢(ナラ)・オーク
楢(ナラ)・オーク
仕上部位床・建具・造作材・家具

楢は、ブナ科の広葉樹で英語名はoak(オーク)です。塗料ののりが良く、材質は緻密で重硬。節や白太が無いとても質の良い床材です。ナラの特徴である硬さによって傷などの心配も少ない木の為、床材や家具によく使われます。床材で使用する場合は、色や木目から見ても家具のコーディネートがしやすい素材となります。
北海道、本州、四国、九州の山地帯上部に広く分布しており、建築材料としては殆どがミズナラで、他にコナラもあります。

欅(ケヤキ)
欅(ケヤキ)
仕上部位床・床の間廻り

欅は、ニレ科ケヤキ属の広葉樹で、本州から四国、九州にまで分布しています。広葉樹の中では最も建築用材に向いており、銘木としての価値も高い。
強靭で耐久性が高いため建築構造材として優れいるが、大径のものが少なくなったので、現在では材面の美しさから銘木として造作材として使うことが多い。

ブナ・ビーチ
ブナ・ビーチ
仕上部位床・建具・造作材・家具

ビーチは、ブナ科の広葉樹で、主に北米やヨーロッパに生育している樹種です。日本のブナによく似ています。日本のブナより枝下が長く色が白いのが特徴です。加工性が容易でナラ材とともに床材や木工家具の材料として用いられています。
日本のブナは、北海道南西部、本州、四国、九州の山地帯と幅広く分布しています。

樺(カバ)・バーチ
樺(カバ)・バーチ
仕上部位床・建具・造作材・家具

バーチは、カバノキ科カバノキ属の広葉樹で主に北米、北欧、中国に生育している樹種です。ナラに比べると、木目がはっきりしていないうえ、磨くと艶がより美しくなるので床材や家具に使われます。日本の樺はマカンバ、ミズメが代表的なカバ材です。マカンバ(真樺)は北海道から本州中部まで、ミズメは東北地方から九州にかけて分布おり、サクラの皮目に似ています。造作材として使用されるときは、カバザクラとかサクラと呼ばれますが、桜とは全く別種です。

桜(サクラ)
桜(サクラ)
仕上部位床・天井・造作材・和室廻り

桜は、バラ科サクラ属の落葉広葉樹でとても種類が多く、日本に生息するサクラの種類は、約300種類位有るそうです。年輪はやや不明瞭であるが、材質は硬く、肌目は緻密で表面の仕上が良いことから、サクラ材の代表としてオオヤマザクラは、建築用(和室廻りの鴨居・敷居・床柱等の内部造作、天井板、床板等)や高級品と言われる洋家具、仏壇、盆や椀など多種多様に使われています。/p>

タモ
タモ
仕上部位床・建具・造作材・家具

タモは、モクセイ科トネリコ属の落葉広葉樹で北海道、本州の中部以北に生育している樹種です。年輪ははっきりとしているが、心材と辺材の差はあまりはっきりとしていません。
肌目は粗く、色は心材は淡黄暗褐色、辺材は淡黄白色です。銘木としては、床材・建具・造作材・家具、バット・ラケット・スキー板等に使用されます。

チーク
チーク
仕上部位床・造作材・家具

チークは、クマツヅラ科の広葉樹で、タイ、ミャンマー、インドネシア等に生育しています。材質は光沢があって美しく、木目はおとなしい飽きのこない木です。硬い割には加工が容易で、耐久性に優れた木です。高級家具、建築の装飾材・造作材、船舶の甲板材などに使用されます。

花梨(カリン)
花梨(カリン)
仕上部位床・化粧柱・框

インドシナ半島に分布するマメ科の広葉樹です。カリンはチークに並び含水率の変化による収縮率が最も小さな木材の一つ。材質として光沢があり赤みが濃い部分や薄い部分が混在している。とてもで硬くて心材の耐久性は優れています。
加工は比較的容易で床・柱・框などに用いられます。バラ科果実、花木として知られているカリンとは全く別の種類です。

パイン
パイン
仕上部位床・壁・天井・建具・造作材・家具

パインは、マツ科の針葉樹で種類が多い木です。一般的に北欧産の松のことで、日本で言うアカマツ。割れも少なく、強度は、引っ張る力に関しては、コンクリートの5倍もあります。木肌の自然の素材感が、独特な空間を演出します。
北欧では、ホワイトパイン(欧州松)は、「ホワイトウッド」又は、「スプルース」と呼ばれています。レッドパイン(欧州赤松)は、「レッドウッド」と呼ばれ、ホワイトパインより、やや比重が高く、強度に優れます。共に。構造材・家具・内・外装材等他用途に使われています。

竹(バンブー)
竹(バンブー)
仕上部位

竹は、イネ科タケ亜科の常緑木質植物の総称で、傷がつきにくく、変形が少ない上、膨張収縮が少ないこと反りや伸縮が少ないのが特徴です。繊維密度が高いため調湿機能があり、水気に強く腐敗しにくい材料です。有効成分であるフェノール、フラボノイドなどの消臭効果によって、室内を清潔に保ちます。

問い合わせ
お問い合わせ

tel

フォームでのお問い合わせ

ご質問等お気軽にご相談下さい。