リフォームは日進のアリーブホームまで
HOME>木の特徴

| 木の特徴 |

松(マツ)
松(マツ)
仕上部位床・床の間廻り

松は、マツ科マツ属の針葉樹です。松は、粘りがあり非常に強いので、木造建築物の梁や桁などに使用されます。又、銘木では和室廻りの仕上材、広縁の縁甲板(床材)や家具等、付加価値のある使い方があります。
黒松(おとこマツ)は海岸地帯・街道筋に、赤松(めマツ)は内陸部に多く見られます。

問い合わせ
お問い合わせ

tel

フォームでのお問い合わせ

ご質問等お気軽にご相談下さい。