リフォームは日進のアリーブホームまで
HOME>木の特徴

| 木の特徴 |

桜(サクラ)
桜(サクラ)
仕上部位床・天井・造作材・和室廻り

桜は、バラ科サクラ属の落葉広葉樹でとても種類が多く、日本に生息するサクラの種類は、約300種類位有るそうです。年輪はやや不明瞭であるが、材質は硬く、肌目は緻密で表面の仕上が良いことから、サクラ材の代表としてオオヤマザクラは、建築用(和室廻りの鴨居・敷居・床柱等の内部造作、天井板、床板等)や高級品と言われる洋家具、仏壇、盆や椀など多種多様に使われています。/p>

問い合わせ
お問い合わせ

tel

フォームでのお問い合わせ

ご質問等お気軽にご相談下さい。