リフォームは日進のアリーブホームまで
HOME>建築用語集

建築用語集

索引
あ行
用語 読み方 説明
アール壁 あーるかべ 曲線で構成された壁のこと。
RC・RC造(鉄筋コンクリート構造) あーるしー・あーるしーぞう 鉄筋コンクリ-トを主体とする構造。ラ-メン構造(柱と梁で構成)と壁式構造(一定の厚さの壁の長さで構成)がある。
IHクッキングヒーター あいえっちくっきんぐひーたー ガラスプレ-トの下のコイルに電気を流し磁気を発生させた磁力線が、鉄製の専用鍋に電流を生じさせ鍋自体を発熱させる電磁調理器のこと。
相番 あいばん 同じ作業をする仲間。異業種の人同士で作業する仲間。大工・左官などの手伝い人夫。
アイランドキッチン あいらんどきっちん キッチンの配置方法のひとつ。流し台や調理台の一部を壁から離し、島(アイランド)のように独立して配置する形式のキッチン。
アウトドアリビング あうとどありびんぐ 床の高さを室内に揃えた外部テラスなどの空間(もう一つの屋外リビング)のこと。
上り框 あがりかまち 玄関の土間からホ-ル・廊下へ上る段差の高い床の見切部分に取付ける化粧材のこと。天然木・大理石・御影石などが使われる。
上げ裏 あげうら 建物を見上げる部分。庇・軒天・階段などの裏側の個所。
朝顔 あさがお 外部足場で、落下防止のため板を斜めに突き出して張った養生板。
足場 あしば 高所作業を行う場合に組み立てる仮設の作業用の床・通路。
網代 あじろ 木材の薄板や竹皮などを編んだ化粧材。天井などに使われる。
アスファルトシングル あすふぁるとしんぐる アスファルトルーフィングに着色砂を付着させたもの。勾配屋根の屋根葺き材として使用される。
アスベスト あすべすと 天然の繊維状ケイ酸塩という鉱物で石綿(せきめん・いしわた)と呼ばれている。耐火性・断熱性に優れ、建築材料として使われてきたが、これを長期に渡り使用し体内に入り込むと、じん肺や悪性中皮腫になる可能性が高まり現在では使用禁止となっている。
遊び あそび 部材と部材が取り合い部分の寸法上の逃げしろのこと。
圧着貼り あっちゃくばり タイルを貼る工法の一つ。中塗(中込め)で平坦にした面に接着剤をつけタイルを貼って行く方法。
アバレ現象 あばれげんしょう 木材が乾燥することで仕上面に変形を起こす現象や、長い年月の間に風雨にさらされ屋根がねじれたりする現象のこと。
アプローチ  あぷろーち 門から建物の入口迄の通路のこと。
雨押え あまおさえ 壁と庇、屋根と煙突との間などに取付けて雨の浸入を防ぐ板。
雨樋 あまどい 屋根を流れる雨水を軒先に集め、地上まで導いて排水する部材のことで大きく軒先に付ける軒樋と外壁に沿って上下方向に付ける竪(たて)樋に分かれる。
アルコーブ  あるこーぷ 壁面の一部を外部側に突出させて形成される付属的な部屋のこと。
合わせガラス あわせがらす 2枚のガラスを透明な接着フィルムによって重ね合わせたもの防犯性、耐衝撃性に優れている。
合せガラス あわせがらす 安全ガラスの1つで、透明な樹脂の中間膜を2枚の板ガラスではさみ込み、高熱圧着したもの。中間膜がある為、ガラスが割れても破片の飛散落下が殆どない。
アンカーボルト あんかーぼると 主に鉄骨部材や木造の土台と基礎を緊結する為のコンクリートに埋め込んだボルト。
異形鉄筋 いけいてっきん 鉄筋とコンクリートの付着を良くする為、表面に節状の突起をつけた鉄筋。
市松模様 いちまつもよう 2色を互い違いに配置した模様のこと。
一文字葺き いちもんじぶき 屋根の葺き方の一つで、専用の一文字瓦を使用し軒先瓦の水平方向が一直線上になる葺き方。
犬走り いぬばしり 建物の周りの床に40cm~60cm位の幅で建物を取りまくように土間コンクリートが打たれた部分。雨水の跳ね返りによる外壁面の汚れや基礎部分が濡れることを防ぐ。
イモ いも 柱の組み方のひとつで、ホゾ穴をあけずに切放しのまま、釘やカスガイなどで組むこと。又、枠の組み方でコーナーを45度で切って組み合わせず、切り放しで組み合わせること。
いも目地 いもめじ タイルやレンガの張り付け方で垂直方向の目地が真っ直ぐに通っているもの
芋目地 いもめじ れんが造またはコンクリートブロック造などで、目地が縦方向に連続して通っている目地のことを言う。
入母屋 いりもや 屋根形状の一つで、寄棟と切妻を組み合わせたもの。
インナーテラス いんなーてらす 室内の床の一部をタイル貼りにして、グリーンを飾るなど住まいの内部にアウトドア感覚を取り入れた空間のこと。
ウォールキャビネット うぉーるきゃびねっと 壁面に取り付ける吊戸棚のこと。
請負契約 うけおいけいやく 一定の仕事の完成に対して、一定の報酬を支払う(受けとる)ことを約束する双務契約。
うだつ うだつ 棟続きの隣家との境の壁を屋根面より突き出したもので、延焼防止の役割をしていた。よく古い商家の街並みに見られる。うだつを上げて財産を守ることから、その逆の意味で「うだつが上がらない」という言葉が生まれた。
内断熱 うちだんねつ 主要構造体の室内側に断熱材を敷設する工法
内法 うちのり 開口部などで、内側の寸法の事。
ウッドデッキ うっどでっき 庭に面したテラスの上に設ける木製の甲板のこと。
うま うま 足場用として歩み板や各材を架渡す為の4本脚の台。長い材料を車で運ぶ場合に車の屋根を傷つけない様に置く4本脚の台。鉄筋のかぶりを取るためのスペーサー。
馬目地 うまめじ タイルやレンガの張り付け方で垂直方向の目地が互い違いになるもの。
裏板 うらいた 屋根裏に張りつけた板。
裏打材 うらうちざい 金属屋根材の裏に張られた素材(ポリエチレンホーム)。断熱・遮音の為に用いる。
上框 うわがまち 戸・障子などの周囲の枠のうち、上部の横木のこと。
上端 うわば 部材の上面のこと。天端(てんば)とも言う。
ALC板 えーえるしーばん 軽量気泡鉄筋コンクリート板。壁、屋根下地、床下地などに使われる。
液状化現象 えきじょうかげんしょう 水が飽和している緩い砂質の地盤が、地震により水圧が急激に上昇し地盤が液状になる現象。
エキスパンションジョイント えきすぱんしょんじょいんと 細長い建物やL型建物などで、建物の地震時の変形などに追随できるようにした接合部のこと。
エキスパンドメタル えきすぱんどめたる 網目状の鋼板のこと。
エクステリア えくすてりあ 門扉・塀・フェンス・カーポートや庭園など、住宅の外構全体を指して使われる。
エコロジー壁紙 えころじーかべがみ 財団法人日本環境協会が認定した、地球にやさしい商品と言われる壁紙のこと。
エスアールシー(SRC) えすあーるしー 鉄骨鉄筋コンクリート構造の略。
HI(エッチアイ) えっちあい 耐衝撃ビニールパイプ。(給水用に良く使われている)
HT(エッチティー) えっちてぃー 耐熱給湯管(ビニール製)
江戸間 えどま 関東地方の都市部で用いられてきたもので1間が1820mm。
FRP(強化プラスッチック) えふあーるぴー 熱硬化性の樹脂とガラス繊維で出来た素材。特徴として軽くて錆・腐りがない。
FL(エフエル) えふえる 床仕上の上端(高さ)のこと。
MDF(中質繊維板)
Medium Density Fiber Board
えむでぃーえふ 木材から抽出した木材繊維を特殊な接着剤で熱圧を加え成型した中質繊維板。建具や窓枠等の心材に使われる。
LVL合板
Laminated Veneer Lumber
えるぶいえるごうはん ラワンと同様な製造方法で、薄板の繊維方向をそろえて接着したものがLVL。造作用と構造用がある。
エルボ えるぼ パイプ同士をLの字につなぐ継手・曲り。
鉛直荷重 えんちょくかじゅう 建物に重力と同じ方向に働く荷重。建物自重・積載荷重・積雪荷重等。
追い貼り おいばり リフォームの場合などで既存の床・壁・天井材を剥がさずに、その上から新しい材料を貼る事。
横架材 おうかざい 梁、桁などの骨組で水平方向に架け渡された構造材のこと。
応力 おうりょく 外力に応じて部材を変形させたり、壊そうとする外力と逆向きの部材内に発生する力。軸応力(引張・圧縮)・せん断応力・曲げ応力の3種類がある。
応力度 おうりょくど 単位面積当たりに作用する応力の大きさ。
大壁 おおかべ 室内の柱や梁を壁で包んで骨組みを見えなくする仕上。
オーバーハング おーばーはんぐ 2階が1階より外部に張り出した部分。
大引 おおびき 床材で根太を受ける部材。
送り おくり 間隔・ピッチのこと。図面上は「@」で表す。
納まり おさまり 部材同士の取合いや取付具合、仕上の程度のこと。
尾垂れ おだれ 軒先の垂木の木口を隠す横板(鼻隠しとも言う)や、水切の為のバルコニーや庇の先端につける立ち下がりのこと。
落し掛け おとしがけ 「床の間」の上部に床と平行に入れる部材のこと。
おなま おなま 傷のない完全なもののこと。
鬼瓦 おにがわら 大棟(おおむね)や降(くだ)り棟の端に飾る瓦。
折上天井 おりあげてんじょう 天井の形状のひとつで、天井を部分的に高くして周囲と段差をつけた形状。

topへ戻る

か行
用語 読み方 説明
カーテンウォール かーてんうぉーる 耐力壁ではない外壁のことで、ガラス・プレキャストコンクリート板・金属板など。
カウンタートップ かうんたーとっぷ 流し台の左右にある調理台や作業台のこと。
かき落とし かきおとし モルタル等の厚めに塗った壁材の表面をかき落として、独特の微妙な凸凹を出す仕上方。
ガルバリウム鋼板 がるばりうむこうはん 米国のベスレヘムスチール社で開発されたアルミニウム・亜鉛合金めっき鋼板。
グラスウール ぐらすうーる ガラスを繊維状にした断熱・吸音材のこと。
クラック くらっく 亀裂、ひび割れのこと。
グルニエ ぐるにえ 屋根裏部屋や屋根裏収納スペースでロフトとも言う。
グレーチング ぐれーちんぐ 屋外排水溝の蓋などに使われる格子状の金物。鋳鉄製が一般的でFRP製もある。車両などの荷重にも耐えられる。
クローゼット くろーぜっと 収納スペースで衣類を収納する場所に用いる言葉。
ケイカル板 けいかるばん 珪酸カルシウムを主原料の一つとして成形された板。耐火・耐水性に優れる。
螻蛄羽(ケラバ) けらば 切妻屋根の端の部分。桁端(けたばし)。
コーキング こーきんぐ 部材間の継ぎ目や窓枠と壁などの隙間に詰めるパテ状の充填材のこと。
コンパネ下地 こんぱねしたじ 屋根下地に用いる合板。
階高 かいだか ある階の床面から、その上の階の床面までの高さのこと。
外構工事 がいこうこうじ 建物本体以外の外部廻りの工事。舗装工事・排水工事・造園植栽工事など。
外力 がいりょく 地震力や風圧力のこと。
確認申請 かくにんしんせい 建物を建てる場合に建築基準法に適合しているかを必要な図面等をつけて役所に申請すること。
額縁 がくぶち 窓や壁の枠に取り付けた壁の見切り縁。
笠木 かさぎ 塀や手摺などの上部にかぶせる仕上材のこと。
鴨居 かもい 障子、襖を入れる上側の溝のある水平方向の部材のこと。
瓦棒 かわらぼう 金属板葺き屋根で、傾斜の方向に一定間隔に並べて取り付ける棒状の材を使用した屋根のこと。
乾燥材 かんそうざい 建物の変形などを防ぐ為に乾燥させた住宅用木材。木材の乾燥収縮による建物の変形(そり・ねじれ・曲がり)を考えた場合、木材の含水率は平均18%以下の乾燥材を使用する。
管柱 くだはしら 階上と階下が横架材で区切られている間に入る柱。これに対して上下階に1本で通っている柱を通柱(とおしばしら)と言う。
間接照明 かんせつしょうめい 照明の光を天井や壁に反射させて利用する照明方法。
基礎 きそ 建物の上部構造からの荷重を地盤に伝える最も下の構造部分。独立基礎・布基礎・ベタ基礎などがある。
基礎パッキン工法 きそぱっきんこうほう 基礎と土台の間に専用のパッキン材を挟み、湿気のこもりやすい床下の空気を滞りなく換気する工法のこと。通常の床下換気口の1.5~2倍の換気能力がある。
基礎断熱 きそだんねつ 床下換気口を設けず、基礎内部に外からの空気を完全に遮断し、布基礎外周に断熱材を張った基礎のこと。高気密高断熱仕様の場合に用いられるの基礎。
許容応力度 きょようおうりょくど 部材が破壊しない安全な強度のこと。
境界線 きょうかいせん 敷地と道路、敷地と敷地との境を示す線。
強化ガラス きょうかがらす ガラスを高温加熱した後、空気で急冷したガラス。強度が高く、割れた場合でも破片が粒状になって安全であるが高価なガラス。
強制換気 きょうせいかんき 送風機を使用して行う機械換気のこと。
かね 直角を指す言葉で「カネが出ている」「カネが出ていない」などと言う。直角が出ていないという意味。
矩計図 かなばかりず 建物を垂直に切断した断面詳細図。地盤面・基礎・床・柱・構造材・仕上材床高・天井高・軒高などの高さや寸法関係、基礎廻り・開口廻り・軒廻り・屋根廻りの納まりを表す。
矩勾配 かねこうばい 屋根の勾配が45度の勾配を言う。
躯体 くたい 柱、耐力壁、スラブ、梁等の骨組みのこと。
掘削 くっさく 土掘り。
沓摺 くつずり 扉に下に入れる床の見切部材。
栗石 くりいし 岩石を割って作った基礎地業に使う石材。基礎の下に敷き、突き固めて地盤を強固にするために使う。
繰型 くりがた 建築物、家具等の飾りとして付けられる帯状の装飾でモールディングとも言う。
珪藻土 けいそうど 珪藻類の遺骸が海底に堆積してできた土で壁材として使われる。多孔質であるため、調湿や脱臭効果がある。
型板ガラス かたいたがらす 視線をさえぎることのできる透明ではない表面のガラスのこと。
型枠 かたわく 硬化していないコンクリ-トを流し込み形を作る為の仮設の枠組みのこと。コンクリ-トで建物や基礎をつくる場合に木製型枠や鋼製型枠(メタルフレーム)がよく用いられている。
軽量モルタル けいりょうもるたる セメントにパーライトなどの軽量骨材を混ぜ水で練り合わせたもの。
けた 木造軸組で柱・壁などの上にある横架材のこと。
結露 けつろ 空気がある一定の温度(露点温度)以下になり、余った空気が凝結して水滴となった状態のこと。目で見る事の出来る『表面結露』と構造体内部に発生する『内部結露』がある。結露は木材を腐らせる原因の一つとなる。
建築面積 けんちくめんせき 建築物の外壁又は、柱中心線で囲まれた部分の水平投影面積。1m以上飛び出した庇等は、1m差し引いた部分の面積も含める。
建蔽率 けんぺいりつ 建築面積の敷地面積に対する割合。
現場成型 げんばせいけい 現場で使用する箇所に併せて材料を加工する事。
勾配天井 こうばいてんじょう 室内の天井を屋根形状に合わせて水平ではなく傾斜させた天井のこと。
工程表 こうていひょう 着工から竣工までを各工事種別に、作業量を日数に換算するなどして示した表。
杭基礎 くいきそ 建物の荷重を地耐力で支持できない場合に、支持地盤まで杭を打込み荷重を伝える基礎。
構造用合板 こうぞうようごうはん 建物の構造耐力上主要な部分に使われる合板で特類と1類がある。
構造用集成材 こうぞうようしゅうせいざい 節や割れなどの欠点を取り除いたラミナ(挽き板)を繊維方向に組合せ、接着剤で接合した木材加工製品で狂いや割れが生じにくい。
降りコーナー くだりこーなー 寄棟屋根の四隅に取り付ける瓦。降り棟の終端。
高規格住宅 こうきかくじゅうたく 寸法・耐久性等について優れた水準を有する住宅として住宅金融公庫が認めた住宅のこと。
剛床工法 ごうしょうこうほう 構造用パネルや構造用合板を、住宅の2階や3階の梁や根太に直接張る工法のことです。この工法は水平力に対して特に優れており、一般の在来工法に比べ4倍以上の剛性がある。
剛性 ごうせい 建物の骨組に外力が加わった際の弾性変形初期の抵抗の度合い。
剛接合 ごうせつごう 部材の接合形式の一つで骨組に外力が加わり部材が変形しても接合部が変形しない接合方法。
蹴込 けこみ 階段の踏板先端から下の踏板の足の踏込み部分が引っ込んでいる部分のこと。
蹴上 けあげ 階段の一段の高さ。
小屋組 こやぐみ 屋根の荷重を柱や壁に伝える骨組のこと。
切り付け きりつけ 室内側からみた壁と天井、壁と壁、壁と床のような面と面が交差して出来る入隅部分のこと。
切妻 きりづま 屋根形式の一つで、棟から両側に勾配屋根があり、反対側は壁になっている形式。
切土 きりど 土を削ること。
組子 くみこ 格子窓や障子・欄間等で縦横に組み合わされた桟のこと。
組立梁 くみたてばり 複数の単一材を組み合わせて造った梁。
被り かぶり コンクリート表面から鉄筋、鉄骨までの被覆厚(距離)。
片流れ かたながれ 屋根の形状のひとつで、片側だけに流れをもつシンプルな屋根形。
北側斜線 きたがわしゃせん 敷地の真北方向から受ける斜線制限で北側隣地に対して日照の影響が出ないように建物の高さを制限する措置のこと。通常用途地域として、1種・2種低層住専、1種・2種中高層住専に適用される。
霧除け きりよけ 雨や霧が家の中へ入るのを防ぐため、出入口や窓の上などに設けた小さな庇。
かすがい 土台・軸部・小屋組・その他の部材の緊結に用いる金物。

topへ戻る

さ行
用語 読み方 説明
採光 さいこう 各居室に求める採光上有効な開口面積。
サイディング さいでぃんぐ 外壁に使用するボードで合板系、セメント板系、金属板系などがある。
在来工法 ざいらいこうほう 土台・柱・梁・桁などの軸組部材に木材を用いた軸組工法で、日本の伝統的木造工法。
竿縁天井 さおぶちてんじょう 和室に用いられる天上の一つ。天井板を下から支える形で、45㎝ほどの間隔をあけて竿を並べ、それをデザインとした天井。
座金 ざがね ボルトにナットを締め付ける際に、母材にナットやボルト頭がめり込まないようにする鋼製の板。
座金付ボルト ざがねつきぼると ホールダウン金物と土台、梁の緊結のために使うボルトの一つ。
ささら桁 ささらけた 階段で段板を支えるために両端に斜めに掛け渡すものを桁と言い、上端部が階段の段なりに加工されているもの。
さしがね さしがね 直角になった金属の定規。
さね 板同士をつなぐときに、板の木口に加工する凹凸。これがないと、板が乾燥収縮した際、隙間が空いてみっともない。
サポート さぽーと コンクリートの圧力から、型枠を守る為の鉄製の支持棒。ボルトで長さを調整出来る。
更地 さらち 土地上に建物などの構造物がない敷地。
桟木 さんぎ 瓦(かわら)葺きなどの屋根下地。
GL(ジーエル) じーえる 建築物の建つ土地の表面(高さ)のことを言う。
シート防水 しーとぼうすい 塩化ビニールや合成ゴムシートなどのルーフィングを接着材で下地に張り付け防水する工法。
シーリング材 しーりんぐざい サッシ廻り、接合部分、建物の目地廻りに充填するゴム状のもの。
市街化調整区域 しがいかちょうせいくいき 都市計画上、市街化を抑制すべきと定められた区域。開発禁止を前提とした区域なので建築しようとすると様々な制約がある。用途や規模によっては建てられない。
直張り じかばり 板などを張る場合に下張りを設けず直接下地に張る工法。
軸組工法 じくぐみこうほう 在来工法に同じ。
四合院 しごういん 中国の伝統的な住宅様式の一つで、中庭を囲むように東西南北に建物が建てられる様式。
地震力 じしんりょく 地震時に建物に加わる水平力。
下端 したば 部材の下面のこと。
漆喰 しっくい 消石灰、化学のり、つなぎ材、砂、水等で練った白い塗り壁用の材料。
シックハウス症候群 しっくはうすしょうこうぐん 建材から発生するホルムアデヒドなどの揮発性有機化合物(VOC)などによって室内空気が汚染され、アレルギーなどの症状を引起し体の不調をおすこと。症状として頭痛、吐き気、目や鼻、喉の痛みなどがある。
シナ合板 しなごうはん 表面にシナ(シナノキ)材を張った合板。非常にきめ細かく綺麗で木目はほとんどない。その質感には木肌の温もりがある。内装材や家具等に使われる。塗装した後も表面が美しく 仕上がある。
遮音性能 しゃおんせいのう 音を遮る性能のこと。
しゃくる しゃくる 木材の一部を凹状態に薄く削り取ったり、角を薄く直角に切り取る事。
尺貫法 しゃっかんほう 日本古来の度量衡法。現在でも在来工法の住宅では長さの寸法体系として尺・間を単位として使われている。
借景 しゃっけい 日本庭園の造園技法のひとつで、庭園外の遠くの山や樹木などの風景を借り、あたかもそれがその庭のものであるかのように利用して、自然景観を人工物に取り込む手法。
集成材 しゅうせいざい 厚さ2.5~5㎝の板(ラミナー)を、繊維方向を長さの方向にして積層接着したもので、長さおよび幅継ぎともに行われる。
書院 しょいん 禅宗寺院での住持の公家、武家住宅では居間兼書斎として用いた部屋。
上合 じょうごう 雨樋の「軒樋」と「竪樋」を結合する部分。
上棟式 じょうとうしき 新築の祝福と工事の無事完成を祈願するために、建前を行い、棟木を納めたときに行われる儀式。
真壁 しんかべ 和室の壁仕上げで、柱や梁が現れるように仕上げたもの。
芯木なし瓦棒 しんぎなしかわらぼう 瓦棒葺屋根で、瓦棒の芯となる木材を使わない工法。
水平力 すいへいりょく 建物に加わる地面と水平方向の力で、地震力、風圧力などがある。
スウェーデン式サウンディング調査 すうぇーでんしきさうでぃんぐちょうさ 地盤の硬軟、強度、締り状況を判断する地盤の調査方法のひとつ。調査結果に基づいて基礎工事の概要を検討することになる。
数奇屋 すきや 庭園の中に独立して建った茶室。
スケルトン すけるとん 柱、耐力壁、スラブ、梁等の構造体のことを言う。
筋交 すじかい 構造物を地震や風圧に対して丈夫にする為に、骨組のなかに斜めに入れ水平力に抵抗する部材。
筋交プレート すじかいぷれーと 在来工法の筋交の取付を確実にする為に用いられる金物。土台と柱、柱と梁と共に接合する金物。
スタイロフォーム すたいろふぉーむ 押出発泡ポリスチレンの商品名。断熱材として使用。
捨てコンクリート すてこんくりーと 基礎のフーチングや土間コンクリートを打設する前に、割栗や砕石地業の上に打つコンクリート。
捨谷工事 すてだにこうじ 瓦と瓦の接合部分から進入した雨水を処理する為に行う板金工事。
スパン すぱん 構造物を支持する骨組の支点間距離で柱と柱の距離など。
墨出 すみだし 建物を建てる上での基準となる位置を出すこと。水平や、垂直の線を、柱や壁・床等に付けること。
スラブ すらぶ 主にコンクリート住宅の床のことをスラブと言い、床の仕上面はフロアと言う。スラブ天(上端)をSL、フロア天(上端)をFLと呼ぶ。
スリーブ すりーぶ 配管などが床や壁を貫通する場合に開ける穴のこと。
スレート すれーと モルタルに石綿などを混ぜ、機械で圧縮して造った屋根材。
スロープ すろーぷ 通常、階段で上り下りする高低差がある床の部分を滑らかな傾斜を付けた通路にしたものを「スロープ」と言う。
背、成 せい 梁などの部材断面で上端から下端までの高さ。
積載荷重 せきさいかじゅう 積雪によって建物に加わる荷重や建物の床に加わる荷重。
施工 せこう 工事を実施すること。
接合部 せつごうぶ 部材同士の取り合う部分。
石膏プラスター せっこうぷらすたー 主成分は硫酸カルシウムで石膏を主材とする左官材料。水に溶ける性質があり、内装に使用される。
石膏ボード せっこうぼーど プラスターボードとも言う。石膏を練って平らに伸ばして作った不燃材の板。
セットバック せっとばっく 敷地の境界線から外壁を後退させること。
セメント瓦 せめんとがわら セメントや砂などを原料として作った瓦。
背割り せわり 柱などの木材表面に、乾燥によるひび割れを防ぐ為、切れ目を入れること。
層間変形角 そうかんへんけいかく 地震時に対する建物の水平変位を階高で割った値。
造作 ぞうさく 骨組が完成したあとに施される内外の木工事のこと。
総掘り そうぼり 土工事で建物の前面にわたって根切りすること。
添え柱 そえばしら 柱の脇に添えられた小柱。
ソーラーハウス そーらーはうす 給湯、冷房、暖房を太陽熱を利用して行ったり、自家発電を行う家。
ソケット そけっと パイプとパイプを直線でつなぐ継手。
袖瓦 そでがわら 切妻屋根などの端に用いる瓦。螻蛄羽(けらば)瓦。
袖隅瓦 そですみがわら 袖(けらば)の終端に用いる瓦。
外断熱 そとだんねつ 基礎、外壁、屋根などの構造体の外気側に断熱材を納める断熱方法。
ぞろ ぞろ 隣接すル2つの部材の表面が段差がなく同じ平面に納まること。「ぞろで納める」などと言う。

topへ戻る

た行
用語 読み方 説明
耐震診断 たいしんしんだん 既存建物の耐震性の判定を行うこと。
耐震性能 たいしんせいのう 地震に対して建物が耐えられるかどうかの安全性の度合。
対面式キッチン たいめんしき 厨房設備機器の配列形式の1つ。台所側の人と食堂側などの人が向き合うかたちに流し台や調理台など配列するキッチンのこと。
ダイヤフラム だいやふらむ 鉄骨造の柱梁等の接合部の応力伝達を担い、仕口の剛性を高めるために設ける鋼板。
耐力 たいりょく 骨組や構造部材が外力に対して、破壊せずに耐えられる最大の力。
耐力壁 たいりょくへき 地震、風圧による水平力、建物自重・積載荷重などの鉛直力に地震力にも抵抗できるように設計した壁のこと。
タイルカーペット たいるかーぺっと 50cm角程度の大きさのタイル状のカーペット。運搬・施工・部分的な取り替えが容易。
ダクト だくと 通風路の事。換気扇などの排気を送る管。送風管。
打設 だせつ コンクリートを型枠に流し込む作業を言う。
畳み折り たたみおり ハゼの種類のひとつ。たたみはぜとも言う。
畳寄せ たたみよせ 畳と壁との間にできる隙間を納める横木。柱面と壁面とのちりを埋めるもの。上端を畳面にそろえる。
立端、建端 たっぱ 建物の高さなどを表す言葉。
竪樋 たてとい 縦に使う筒状の雨樋で屋根に落ちた雨水を軒樋が集め、それを竪樋が地盤面まで導く。
建前 たてまえ 木造建築の骨組を現場で組み立てる作業のこと。
タペストリーガラス たぺすとりーがらす サンドブラストでガラス表面を荒らしたあと、エッチングして滑らかな不透明感を付加したガラス。すりガラスと異なり汚れが付きにくい。
玉掛け たまかけ 重量物をクレーンなどで吊る場合、その重量物にワイヤーロープやスリング(布の帯)などでなわ掛けする事を言う。
垂木 たるき 屋根を支えるため、棟から軒先にかけて渡す屋根下地の木材。
断熱材 だんねつざい 熱の遮断・保温のために用いる熱を伝えにくい材料でガラス繊維・コルクなどがある。
チーズ ちーず 3本のパイプをつなぐT字形の継手。
地耐力 ちたいりょく 地盤の支持可能な耐力。
ちぢみ塗装 ちぢみとそう 金属屋根に用いられる塗装の一種。
中間検査 ちゅうかんけんさ 工事の途中で行う検査。
丁番 ちょうばん 開き戸等の吊り元に取付けられる金物。
ちり ちり 二つの部材の平面間の段差。寸法にして2mm~15mmぐらいのもの。
ツーバイフォー工法(2×4工法) つーばいふぉーこうほう 枠組壁工法。2インチ×4インチの規格材を基本に組んだ枠組に構造用合板などを打ち付けたパネルで壁や床を作る柱や梁ない工法。
つか 木造住宅などで床や母屋等を支える縦材。床束、小屋束、吊束等がある。
束石 つかいし 束を受けるのに用いられる部材。
継手 つぎて 2つの部材を材軸方向に接合するときの継ぎ方。
繋ぎ梁 つなぎばり 独立基礎を連結し柱脚の回転や不同沈下を防ぐために設ける梁。小屋組を固定するために小屋梁間に渡す横木。
壷掘り つぼぼり 独立基礎などで、基礎ごとに必要な寸法だけをに掘る根切りのこと。
吊子 つりこ 瓦を屋根下地に固定する為の金具。
吊り元 つりもと 開き戸の丁番のある方を言う。
定尺板 ていじゃくいた 一般サイズにカットされた鋼板のこと。小板定尺365×1212mm(1尺2寸×4尺)と幅広小板定尺455×1212mm(1尺5寸×4尺)がある。
定尺板横葺 ていじゃくいたよこぶき 鋼板の葺き方の一種。
定尺一文字葺 ていじゃくいちもんじふき 定尺板を屋根に使用するサイズにカットし、ハゼを掛け合わせて葺く鋼板の代表的な葺き方。
定着 ていちゃく 鉄筋やアンカーボルトが引き抜けないように、コンクリートに固定すること。
出隅 ですみ 壁などで2つの面が出合ってできる外側の角。
鉄筋コンクリート てっきんこんくりーと コンクリートを鉄筋で補強した構造材料。=RC
DENスペース でんすぺーす 書斎、隠れ家的な部屋、趣味を楽しむための部屋を示す。
天端 てんば 部材の上面のこと。=上端
天窓 てんまど 天井(屋根)に設けられた窓。有効採光面積は一般の窓の面積の3倍ある。
陶器瓦 とうきがわら 成形乾燥後、吸水率を抑えるために釉薬を付けて焼成した粘土瓦。
凍結深度 とうけつしんど 地盤の凍結がしなくなる地表面からの深さで基礎深さはこれより下に施工する。
胴差 どうさし 木造で2階以上の床の位置で床梁を受け、上下階の管柱を受ける横架材。
胴縁 どうぶち 壁材を施工する為の下地材で柱と柱に渡す幅の狭い横木。
塔屋 とうや 屋上に出る為の階段室やエレベーター用の機械室など部分的に突出している空間こと。(ペントハウスとも言う)
通し柱 とおしばしら 木造において、1階、2階を貫通して立てられた柱のこと。
独立基礎 どくりつきそ 柱の位置に単独で設けられる基礎。
床の間 とこのま 和室の上座に取り付けられた一段高い床。
土台 どだい 柱からの荷重を基礎に伝える横材。布基礎やベタ基礎などの基礎の上にアンカーボルトで緊結する。
トラップ とらっぷ 衛生設備器具に近い排水配管の一部に水をためて、臭気の逆流を防止する装置。排水口のある設備には必ず付ける。
廻り縁 まわりぶち 壁の上側と天井との境に貼る化粧板。

topへ戻る

な行
用語 読み方 説明
内装制限 ないそうせいげん 内装の壁や天井材を不燃材を用いる法律。
内壁 ないへき 建物の内部に設けられる壁。
長押 なげし 柱を両面から挟みつけて釘で固定した横材をいう。
軟弱地盤 なんじゃくじばん 建物建築する上での安定と沈下に問題がある軟らかい地盤。
難燃合板 なんねんごうはん 日本農林規格で定められた仕様による建築基準法に規定された難燃材料。
逃げ にげ 部材同士の位置関係の余裕のこと。施工上の納まりのための余裕。又は、熱膨張や振動などによって発生する部材の変形を吸収するための寸法上の余裕。「遊び」とほぼ同じ。
2項道路 にこうどうろ 建築基準法第42条第2項に定義されている道路。都市計画区域に編入時に建築物が立ち並んでいた幅員4m未満の道で特定行政庁が指定したものをいい、復員4mの道路と見なされる。
日影規制 にちえいきせい 北側隣地と周辺への日照を確保するために定められた法律。
日本瓦 にほんがわら 粘土で作った焼き瓦。素焼きのものと、釉薬(うわぐすり)を塗って焼いたものがある。
ニュートン にゅーとん 力の単位で「N(ニュートン)」「kN(キロニュートン)」で表す。1kgf=9.80665N
ヌキ板 ぬきいた 瓦の下に用いる小幅の小さい板。貫板(ぬきいた)。
布基礎 ぬのきそ 柱又は、壁下に沿った細長く連続した基礎。
根入れ深 ねいれふかさ 地表面から基礎、擁壁などの基礎底までの深さ。
根がらみ ねがらみ 束を固めるために用いる横木。
根切り ねぎり 基礎などを造る場合に、土を掘削して所要の空間を造ること。
猫土台 ねこどだい 基礎と土台の間に挟む物で、直接土台を基礎に触れさせずに浮かせることで、土台の腐朽防止、床下換気を効率よくする工法。厚さ2~3cmの木材やモルタルで柱下や大引の取合い箇所に@900前後に入れる。(基礎パッキンと同様)
根太 ねだ 床材を支える横架材。
根太彫り ねだぼり 根太を取付けるために梁や桁を彫り込むこと。
熱線吸収ガラス ねつせんきゅうしゅうがらす 熱線である赤外線を吸収することによって熱を遮断するガラス。
粘土瓦 ねんどがわら 粘土を成形乾燥し、焼成した瓦。
ノーマライゼーション のーまらいぜーしょん 障害者を一般社会から隔離及び排除することなく、障害者が一般社会に普通に参加できるようにしようという運動。
のき 外壁から外側に出ている屋根の部分。
軒桁 のきげた 軒の部分にあって、一般に小屋梁に直角に取合う横架材。
軒先 のきさき 軒の突き出た先の部分。軒先に取り付ける瓦は軒瓦。
軒高 のきだか 木造だと地面から軒の敷桁上端までの高さをいう。鉄筋コンクリートや鉄骨造だと最上階の梁上端までの高さ。
軒樋 のきとい 屋根に落ちた雨水を受ける為に軒先にとりつける雨どい。
野地板 のじいた 屋根の仕上材や防水の下葺き材を取付けるための下地材で垂木(たるき)の上に張る板。
のし棟 のしむね 熨斗棟(のしむね)とは棟に平たい棟瓦を重ね、その上に丸棟瓦を乗せた日本瓦の棟。
野縁 のぶち 天井板を取付けるための天井下地材。
延床面積 のべゆかめんせき 建築物の各階の床面積を合計した面積。容積率制限の場合は、一般の延べ床面積の1/5までの車庫面積や住宅面積の1/3以下の地階住宅部分、共同住宅の共用の廊下と階段部分の床面積は算入しなくても良い。
野物 のもの 仕上加工されていない木材で、天井裏・床下など外部から見えない場所に使う部材。
法面 のりめん 地面が傾斜している部分。

topへ戻る

は行
用語 読み方 説明
パーゴラ ぱーごら 柱で支持された屋根部分を格子状に組んだ屋外の棚。
パーティクルボード ぱーてぃくるぼーど 木材の削片などに接着剤を加え熱圧成形した板材。
ハーフティンバー はーふてぃんばー 柱・斜材・梁などの骨組を外部に現し、石材や土で壁間を充填したイギリスの木造建築様式の1つ。
排煙窓 はいえんまど 火災時の煙を外部へ排出するために設けられた窓。
PS(パイプスペース) ぱいぷすぺーす 各階をつなぐ配管設備が収められているスペースです。図面上は「PS」と表す。
刷毛引仕上 はけびきしあげ 左官仕上で、塗り材をこてで押さえた後、硬化しないうちに表面に刷毛で荒し目を付ける仕上方法。
羽子板ボルト はごいたぼると 木造の仕口部分が外力を受けたときに抜け落ちないように、材を連結する羽子板状の形をしたボルト。
箱金物 はこかなもの コの字形をした木造用の補強金物。土台と柱、通し柱と胴差しなどの仕口に用いられる。
柱割り はしらわり 平面図に対して柱の位置を決めること。
ハゼ はぜ 板金工事により、トタンやステンレスの板の端を折り曲げ噛み合わせる部分。
ハゼ掛け はぜがけ ハゼとハゼを掛け合わせること。
ハッチ はっち 天井・床・屋根などへ人が出入りするために設けた開口用の蓋。
斫り はつり 表面を砕いて削り取る事で、コンクリートやブロックを砕いて削り取ること。
鼻隠し はなかくし 軒先で垂木先端の木口を隠すために取付ける横版。
巾木 はばき 壁の下側と床との境に貼る化粧板のこと。ビニール製の物をソフト巾木と言う。
破風板 はふいた 切妻(きりづま)造りや入母屋(いりもや)造りの妻側にある三角形の部分に打ち付けた板。
パブリックスペース ぱぶりっくすぺーす リビングダイニングなど、家族がくつろいだり、人を招いたりする場所。
パラペット ぱらぺっと 建物の屋上、テラスのへり、橋梁の両側などに設け、人の落下を防ぐ手摺部分。
はり 2階以上の床や屋根を受ける構造材の中で水平方向にいれる構造材。
バリアフリー ばりあふりー 子どもや高齢者が安全に生活できるようにバリアー(障壁)を取り除いた設計のこと。床の段差・道路から玄関まで段差・建具の幅や廊下の幅・手摺などを配慮した設計。
梁成 はりせい 梁の上端から下端までの寸法。
板金 ばんきん 金属板や帯板を、常温のまま曲げたりしぼったりして加工すること。
バンク工法 ばんくこうほう 勾配の少ない屋根で防水加工をすること。
パンチングメタル ぱんちんぐめたる 金属板に種々の形状の穴を打ち抜いたもの。
パントリー ぱんとりー 食料品や食器類を貯蔵する専用の部屋。
火打 ひうち 木造で床組や小屋組の変形を防止するために設ける斜材。1階床に用いるものを火打土台、2・3階床、小屋組で用いられるものを火打梁と言う。木材のものと金物のものがある。
火打ち梁 ひうちばり 胴差しや梁の直角の交点に対し水平に斜めに入れる補強材のこと。地震時や風圧の横力に対し水平剛性を保つもので、木造在来方法では必ず入れる部材。(法的にも必要である)
引込戸 ひきこみど 戸を壁の中や壁に沿って引込むことのできる引戸。
引戸 ひきど 水平方向に動かして開閉する建具。
引き寄せ金物 ひきよせかなもの 木造建物が水平力を受けた場合に、耐力壁にかかる引抜き力に抗するために、1階では基礎または土台と柱、2・3階の管柱では柱と柱、柱と梁へ取付ける金物。
引張強度 ひっぱりきょうど 材料が外部から引っ張られ破壊するときの強度。
ヒモ ひも サッシ枠と柱、柱と合板などの間に出来る小さな隙間を隠す化粧木(10mm~15mm角)
ピロティ ぴろてぃ 2階建て以上の建物において、1階部分を壁で囲わず、外部と連続させて開放した空間のこと。
品確法 ひんかくほう 「住宅の品質確保の促進等に関する法律」の略称。
VP(ヴィピー) ぶいぴー 給排水に使われるビニールパイプ。(VUに比べ肉厚)
VU(ヴィユー) ぶいゆー 木造住宅の排水に使われるビニールパイプ。(VPに比べて肉薄)
風圧力 ふうあつりょく 風による建物に加わる水平力。建物の高さ、形状、建設地により大きさが変わる。
フェルト ふぇると ラス板の上に貼る黒い防水紙。
フォースター(F☆☆☆☆) ふぉーすたー シックハウスの一因となっているホルムアルデヒドを含む建材の中で最もその放散量を迎えた規格。この建材を使えば仕上面積の制限はない。F☆☆☆以下の建材は仕上面積の制限を受ける。又、タイルや石などはホルムアルデヒドを放散することはないので規制対象外。
フカシ ふかし 実際の大きさよりひと回り大きくつくること。
葺き替え ふきかえ 屋根の瓦・板などを新しいものと替えること。
吹抜 ふきぬけ 上階の床がなく、上下階が一体となっている空間。
複層ガラス ふくそうがらす 2枚の板ガラスの間に空気層を設けた断熱性の高いガラス。「ペアガラス」とも呼ぶ。
ふすま 和室の建具。木で骨組を作り両面に紙などを張った戸を言う。
不同沈下 ふどうちんか 建物の基礎の沈下量が一様でなく、建物に亀裂が入ったり、傾いたりすること。
ふところ ふところ 2つの面がつくる空間のこと。
ふね 左官仕事でモルタルを練る容器のこと。
不燃材料 ふねんざいりょう 燃焼せず、防火上有害な変形・溶融・亀裂が起こらず、有害な煙・ガスを発生しないものとして大臣が指定する建築材料。難燃→準不燃→不燃の順に燃えにくくなる。
踏板 ふみいた 階段の踏面の板。
PB(プラスターボード) ぷらすたーぼーど 「石膏ボード」とも言う。壁や天井の下地材。防火性・遮音性・断熱性があり、施工性に優れる。ビニールクロスやペイントで仕上げをする。
プラ束 ぷらづか 1階床の大引を支える部材。
プレカット ぷれかっと 大工さんが図面をもとに柱や梁に墨付けをし、現場で手加工していた部分を、コンピューター制御による最新の機械ですべて行ない、手加工によって生じやすい品質のバラツキをなくし、現場の省力化、工期の短縮を計る工場生産システム。
プレハブ ぷれはぶ プレハブリケーションの略。現場以外のところであらかじめ製作して現場に搬入して組立てる施工。
フロートガラス ふろーとがらす 基本的に一般の透明ガラスのことで金属の液体の上に浮かせて平板ガラスをつくることからこの名がある。このガラスは薄く緑がかっている。
分電盤 ぶんでんばん 分岐回路用の開閉器、ヒューズなどの保安装置を集めて取付けたもの。
ペアガラス ぺあがらす ガラスを2枚用い、中に空気層を挟んで断熱性能、結露防止、防音効果を高めたガラスのこと。省エネ効果が大きく、結露による建物に対する悪影響も少なくなる。
平板スレート へいばんすれーと 粘板岩の薄板。屋根葺(ふ)き材などにする。天然スレート。
平米 へいべい ㎡(平方メートル)のこと。1坪=1.82m(1間)×1.82m(1間)=3.3124㎡
壁面後退 へきめんこうたい 隣地境界線や道路境界線から建物の外壁面を、ある距離まで後退させること。
ベタ基礎 べたきそ 建築物の基礎構造のひとつ。柱の下だけでなく、建築物の土間全面に配筋を入れ基礎スラブとして建築物を支える基礎のこと。
偏心率 へんしんりつ 建物の重心と剛心のずれの割合。ずれが大きくなると、地震時などに、建物を回転させる力が大きくなり、耐震性能が悪くなる。
ボイド ぼいど コンクリートの床や壁に予めスリーブを入れる時に使用する厚紙で出来た円筒形のもの。
方形 ほうぎょう 水平の棟(大棟)がなく、屋根の頂点から四方に降り棟が降りた正方形の屋根。
方立 ほうだて 連続窓の間に立てて窓建具を補強する柱のことをいう。
防煙区画 ぼうえんくかく 火災時に建物内の煙の拡大を妨ぎ避難を容易にするため一定の床面積で区画すること。天井から下方に50cmまでが不燃になっていると防煙区画になる。
防煙垂れ壁 ぼうえんたれかべ 防炎区画ごとに天井に付ける下り壁で不燃材料のガラスが主に使用される。
防火構造 ぼうかこうぞう 延焼防止のために、床、壁、天井の防火性能を建築基準法で定めたもの。
防水紙 ぼうすいし 防水性をもたせた紙。屋根や外壁の下地材の上に敷く。
方杖 ほうづえ 柱とそれに取合う横架材の入隅に入れる斜材。
ホールダウン金物 ほーるだうんかなもの 水平力を受けた場合に、耐力壁にかかる引抜き力に対応する為に、基礎又は土台と柱、柱と柱、柱と梁へ取付ける金物。
補強金物 ほきょうかなもの 木造の継手や仕口部で接合部の補強や材料の脱落防止のために用いられる金物。
ポストフォーム ぽすとふぉーむ 曲面をもつカウンターの天板や棚板などの木口の表面にポリエステル樹脂又は、メラミン樹脂を圧着したもの。
ホゾ ほぞ 木材を組み合わせる際、片方の木材に穴をあけ、反対側の木材の先をその穴に埋まるように加工して組み合わせるが、その加工した穴のことをホゾと言う。
ポリエステル化粧合板 ぽりえすてるけしょうごうはん 合板の表面にポリエステル樹脂を貼ったもの。「ポリ合板」と呼ぶ。その表面仕上げは多種多様であり、汚れにも強い。似た素材にメラミン化粧板がある。
ポリカーボ ぽりかーぼ ポリカーボネイトのこと。衝撃に非常に強い樹脂。ガラスの代わりに使われる。しかし、引っかき傷はガラスより付きやすく、紫外線劣化もガラスに劣る。
ホルムアルデヒド ほるむあるでひど メチルアルコールを酸化させた刺激臭のある気体で、防腐剤として建築材料に用いられてきたもの。しかし人体への影響が大きいので、平成15年から使用制限と空調設備の義務付けが適用されている。
本谷工事 ほんたにこうじ 屋根と屋根の谷の部分の板金工事。

topへ戻る

ま行
用語 読み方 説明
曲り棟 まがりむね 一直線ではなく、途中で折れ曲がった棟。
マグサ まぐさ 開口部の上部にある柱間に渡した横架材。
間口 まぐち 建物や敷地を道路側や建物の玄関側などの主要な方向から見たときの幅。間口に対して直角方向は奥行という。
間仕切壁 まじきりかべ 空間を分割する壁。間仕切壁の中には、構造上重要な壁とそうでない壁、防火上重要な壁とそうでない壁がある。
窓台 まどだい 開口部の下部にある柱間に渡した横架材。
間柱 まばしら 荷重を支えるために柱ではなく、ただ壁を造るための骨組とするために、管柱と管柱の間に立てる柱を間柱という。
見え掛かり みえがかり 直接目に見える部分のこと。
磨き仕上 みがきしあげ 塗装、塗り壁、石などの材料の表面を研磨し、平滑面を造って光沢を出す仕上方法。
見切 みきり 仕上の終わる部分、仕上の取合い部分、仕上の異なる境目部分のこと。これらの部分につける部材が見切材。
見込 みこみ 材料を正面から見た時、その奥行
水切 みずきり 外壁の下面などに雨水が壁を伝わって入ってくるのを防ぐためにつけるもの。
見付 みつけ 材料を正面から見た巾の事をいう。
みなし道路 みなしどうろ 法律上「道路とみなす」とされる2項道路等においては実際に幅員4mなくても、「法律上は幅員4mある道」があるものとして扱うことをいう。
宮大工 みやだいく 豊富な知識と技術、経験が必要とされる社寺建築の施工を専門とする大工。
棟瓦 むながわら 屋根の棟を葺くのに用いる瓦。熨斗(のし)瓦・丸棟・角棟などを言う。
棟木 むなぎ 棟の頂部にある母屋と同じ役目をもつ水平部材。
棟束 むなづか 小屋梁や敷桁にあり、棟木を支える小屋束。
むね 二つの屋根面が接合する部分で屋根の最も高い所。位置と構造により、大棟・降棟(くだりむね)・隅棟などと呼ぶ。
棟上 むねあげ 木造建築の骨組を現場で組み立てる作業のこと。(建前・上棟とも言う。)
棟面戸 むねめんど 軒先から瓦を葺き、最後に棟瓦と接する部分のすきま。
無目 むめ 敷居・鴨居用の部材で、建具用の溝のないもの。
目板 めいた 板材の継目をふさぐ幅の狭い板のこと。
銘木 めいぼく 材面の鑑賞価値、材質などが優れたもの。
メーターモジュール めーたーもじゅーる 従来から木造建築では尺貫法の3尺=91cmを基準単位として使っているが、世界基準のメートル法を基準としたものを「メーターモジュール」と呼ぶ。
目地 めじ パネル類、タイル、石、れんが、コンクリートブロックなどの貼り付けや組積において、素材が隣り合う部分に生じる継ぎ目。
目透かし めすかし 隣り合う二つの部材のすき間をあけること。
メタルラス めたるらす 外壁や軒裏のセメントモルタル塗りの下地に用いるスチール製の金網。
メラミン化粧板 めらみんけしょうばん 表面がミラミン樹脂になっている樹脂系の板。その表面仕上げは多種多様であり、汚れにも強い。似た素材にポリ合板がある。
免震構造 めんしんこうぞう 積層ゴム支承、滑り支承、ローラー支承あるいはオイルその他の粘性や鋼材等の復元力特性を利用したダンパーなどの装置・機構を設け、地盤から建築物へ伝わる振動を絶縁したり固有周期の調整によって応力や変形を制御しようとする構造。
地震力が直接建物に伝わらないように、地盤と建物の間に地震エネルギーを吸収する装置を設けた構造。
免震構造 めんしんこうぞう 地震力が直接建物に伝わらないように、地盤と建物の間に地震エネルギーを吸収する装置を設けた構造。
面戸 めんど 波形状の瓦を葺き、終端で壁などの間にできるすきま。面戸瓦。
面取 めんとり 部材の角を落とすこと。丸みをつけることもある。
モーメント もーめんと 物体を回転させたり曲げようとする働きのこと。
木毛セメント板 もくもうせめんとばん 木材を薄く削った木毛とポルトランドセメントに、水と硬化剤を加え、加圧成形した改良木材のボード。
モジュール もじゅーる 建築の基本となる寸法のこと。一般の日本の住宅は910mm(メーターモジュールは1000mm)
母屋 もや 棟木に平行に取付け、垂木を支持する水平部材。間隔は900程度、大きさは90角とし、屋根勾配にならって、上端当り欠きなどとする。
モルタル もるたる 一般にセメント、水、砂を混ぜて練り合わせたセメントモルタルのこと。ほかに石灰、水、砂から作る石灰モルタルなどがある
三つ又 みつまた 大棟と二つの隅棟との接合部。

topへ戻る

や行
用語 読み方 説明
矢板 やいた 軟弱地盤の掘削後に土砂崩れが起きないように、掘削範囲に連続的に打込む土留め用の板。木製、鋼板、鉄筋コンクリート製などがある。
役物 やくもの 出隅用のタイルのように、材料の通常の形状に対し特殊な形状のものを言う。瓦では鬼瓦、隅瓦、谷瓦など。
山形プレート やまがたぷれーと 木造で引抜き力を受ける柱と横架材などの接合に用いるV形をしたZマーク表示金物。
遣方 やりかた 建物の着工前に杭を打ち貫を打付けて、建物位置や壁の中心などを示すために作るもの。
ヤング係数 やんぐけいすう 材料によって異なる材料の変形しにくさを表す係数。
釉薬瓦 ゆうやくがわら 成形乾燥後、吸水率を抑えるために釉薬を付けて焼成した粘土瓦。
床荷重 ゆかかじゅう 床に作用する荷重のことで、床自重、積載荷重など。
床下換気口 ゆかしたかんきこう 床下の湿気を排湿するのため基礎立上り部に設けられる換気口のこと。床下換気口に変わり基礎パッキンによる換気も多い。
床束 ゆかづか 1階床の大引を支える部材。一般には木材が用いられるが、樹脂製(プラ束)、鋼製もある。
床面積 ゆかめんせき 建築物の各階又は、その一部で壁その他の区画の中心線で囲まれた部分の水平投影面積。
雪止め ゆきどめ 屋根に積もった雪が滑り落ちるのを防ぐ為、軒に丸太・板・金具などを取付けたもの。雪の落下防止用の役物が付いた雪止め瓦もある。
雪見障子 ゆきみしょうじ 主に庭の景を楽しむために下から腰の高さまでガラスをはめ込んだ障子。
ユニバーサルデザイン ゆにばーさるでざいん バリアフリーが障害を前提に設計されるのに対し、「ユニバーサルデザイン」とは、障害の有無・年齢・性別などにかかわらず、すべての人が気持ちよく使えるように、あらかじめ都市や生活環境を計画的に設計する考え方。
養生 ようじょう 工事中に仕上がった部分を傷つけたり汚したりしないように保護すること。又、コンクリートが一定の強度に達するまでの保護期間のこと。
容積率 ようせきりつ 建築物の延べ面積の敷地面積に対する割合のこと。容積率は、都市計画の各用途地域別に一定の範囲内の割合として定められたものがある。
用途地域 ようとちいき 地域のあるべき姿を想定して、建物の種類や規模などを制限した都市計画法によって指定された地域のこと。住居系、商業系、工業系の用途地域が定められている。
擁壁 ようへき 造成工事などで、土砂の崩壊を防ぐために造られる構造物。
寄棟 よせむね 大棟(おおむね)の両端から四方に隅棟(すみむね)が降りる形式の屋根。屋根面は台形と三角形が二つずつからなる。四注造り。
寄棟鬼 よせむねおに 寄棟の棟の端に飾る鬼瓦。

topへ戻る

ら行
用語 読み方 説明
ラーメン構造 らーめんこうぞう 門型の軸組で、RC造・S造等で柱と梁の接合部が剛接合の構造。ドイツ語で「枠」の意味。
ラーチ合板 らーちごうはん 原材料の樹種「ラーチ」はロシア産のカラ松(オウシュウカラマツ)でマツ科の中で唯一落葉する針葉樹。建築物構造材として使われる。
ライニング銅管 らいにんぐどうかん 給水パイプで、内側にビニール被覆した銅管。
ラグスクリュー らぐすくりゅー 六角ボルトの先が尖ったねじになっている接合金具。
ラス らす ラス板・フェルトの上にモルタルを止める為の鋼製の網
ラス板 らすいた 壁などモルタル仕上げの下地となる板で、柱・間柱を横につなぐ板
ラスボード らすぼーど 塗壁下地用の石膏ボードでボード面のくぼみの有無によって、型押ラスボードと平ラスボードの2種類がある。
ラスモルタル らすもるたる 左官工事で、メタルラスやワイヤーラス下地にモルタルで下塗り又は、仕上をすること。
ラワン合板 らわんごうはん ラワン系広葉樹の南洋材を使用した薄板を互い違いに貼り合せ強度を持たせた合板。タイプ1(T1:耐水)とタイプ2(T2:準耐水)の2種類がある。
ランバーコア らんばーこあ 表面が合板で、中に厚さ1cm以上の角材を芯材に用いた建材。普通の合板より板厚が厚く、フラッシュ板より強度が高い。「挽き材芯合板」「コアボード」ともいう。
欄間 らんま 窓や出入口、2間続きの和室間の建具の上部に通風・採光用として設けた開口部。
りく 水平なこと。陸屋根、陸梁。「ろく」ともよむ
リシン りしん 外壁の仕上で、顔料を混ぜた骨材をスプレーガンを使用して薄く吹付ける工法。
リビングキッチン りびんぐきっちん 居間の一部が台所になっている形式。
りゃんこ りゃんこ 「交互」の意味。あるいは2個のこと。
ルーバー るーばー 一定幅の板を平行に並べて、日除け、視線の遮へい、照明の制御、空調吹出などの用途に供するものの総称。
ルーフドレン るーふどれん 陸屋根などに設けられる雨水用の排水金具。
ロックウール ろっくうーる 安山岩、玄武岩などを溶融した後、吹付繊維状にした断熱材。保温材、吸音材などに用いる。断熱・吸音・耐熱性に優れ、鉄骨の耐火被覆材などに使われる。
ロフト ろふと 屋根裏部屋のこと。天井が1.4mまでであれば面積不算入。

topへ戻る

わ行
用語 読み方 説明
ワーロン紙 わーろんし アクリル和紙の商品名。照明器具などによく用いられる。
和瓦 わがわら 日本の伝統的形式の瓦のこと。
枠組壁工法 わくぐみかべこうほう ツーバイフォー工法(2×4工法)のこと。2インチ×4インチの規格材を基本に組んだ枠組に構造用合板などを打ち付けたパネルで壁や床を作る柱や梁ない工法。
割栗石 わりぐりいし 割栗地業に用いる石。直径15~30㎝程度に割った硬い石。建物や道路の基礎の下に小端(こば)立てに敷きならべて敷き、突き固めて地盤を強固にするために用いる。
割栗地業 わりぐりちぎょう 根切り底を十分つき固め、割栗石をこば立てにならべ、目つぶし砂利でならして突き固める地業。
割り付け わりつけ タイル・石・床目地などの取付位置を、寸法に応じて正確に決めること

topへ戻る

問い合わせ
お問い合わせ

tel

フォームでのお問い合わせ

ご質問等お気軽にご相談下さい。