リフォームは日進のアリーブホームまで
HOME>建築用語集

| 建築用語集 |

ら行
用語 読み方 説明
ラーメン構造 らーめんこうぞう 門型の軸組で、RC造・S造等で柱と梁の接合部が剛接合の構造。ドイツ語で「枠」の意味。
ラーチ合板 らーちごうはん 原材料の樹種「ラーチ」はロシア産のカラ松(オウシュウカラマツ)でマツ科の中で唯一落葉する針葉樹。建築物構造材として使われる。
ライニング銅管 らいにんぐどうかん 給水パイプで、内側にビニール被覆した銅管。
ラグスクリュー らぐすくりゅー 六角ボルトの先が尖ったねじになっている接合金具。
ラス らす ラス板・フェルトの上にモルタルを止める為の鋼製の網
ラス板 らすいた 壁などモルタル仕上げの下地となる板で、柱・間柱を横につなぐ板
ラスボード らすぼーど 塗壁下地用の石膏ボードでボード面のくぼみの有無によって、型押ラスボードと平ラスボードの2種類がある。
ラスモルタル らすもるたる 左官工事で、メタルラスやワイヤーラス下地にモルタルで下塗り又は、仕上をすること。
ラワン合板 らわんごうはん ラワン系広葉樹の南洋材を使用した薄板を互い違いに貼り合せ強度を持たせた合板。タイプ1(T1:耐水)とタイプ2(T2:準耐水)の2種類がある。
ランバーコア らんばーこあ 表面が合板で、中に厚さ1cm以上の角材を芯材に用いた建材。普通の合板より板厚が厚く、フラッシュ板より強度が高い。「挽き材芯合板」「コアボード」ともいう。
欄間 らんま 窓や出入口、2間続きの和室間の建具の上部に通風・採光用として設けた開口部。
りく 水平なこと。陸屋根、陸梁。「ろく」ともよむ
リシン りしん 外壁の仕上で、顔料を混ぜた骨材をスプレーガンを使用して薄く吹付ける工法。
リビングキッチン りびんぐきっちん 居間の一部が台所になっている形式。
りゃんこ りゃんこ 「交互」の意味。あるいは2個のこと。
ルーバー るーばー 一定幅の板を平行に並べて、日除け、視線の遮へい、照明の制御、空調吹出などの用途に供するものの総称。
ルーフドレン るーふどれん 陸屋根などに設けられる雨水用の排水金具。
ロックウール ろっくうーる 安山岩、玄武岩などを溶融した後、吹付繊維状にした断熱材。保温材、吸音材などに用いる。断熱・吸音・耐熱性に優れ、鉄骨の耐火被覆材などに使われる。
ロフト ろふと 屋根裏部屋のこと。天井が1.4mまでであれば面積不算入。

topへ戻る

問い合わせ
お問い合わせ

tel

フォームでのお問い合わせ

ご質問等お気軽にご相談下さい。