リフォームは日進のアリーブホームまで
HOME>建築用語集

| 建築用語集 |

わ行
用語 読み方 説明
ワーロン紙 わーろんし アクリル和紙の商品名。照明器具などによく用いられる。
和瓦 わがわら 日本の伝統的形式の瓦のこと。
枠組壁工法 わくぐみかべこうほう ツーバイフォー工法(2×4工法)のこと。2インチ×4インチの規格材を基本に組んだ枠組に構造用合板などを打ち付けたパネルで壁や床を作る柱や梁ない工法。
割栗石 わりぐりいし 割栗地業に用いる石。直径15~30㎝程度に割った硬い石。建物や道路の基礎の下に小端(こば)立てに敷きならべて敷き、突き固めて地盤を強固にするために用いる。
割栗地業 わりぐりちぎょう 根切り底を十分つき固め、割栗石をこば立てにならべ、目つぶし砂利でならして突き固める地業。
割り付け わりつけ タイル・石・床目地などの取付位置を、寸法に応じて正確に決めること

topへ戻る

問い合わせ
お問い合わせ

tel

フォームでのお問い合わせ

ご質問等お気軽にご相談下さい。