リフォームは日進のアリーブホームまで
HOME>建築用語集

| 建築用語集 |

あ行
用語 読み方 説明
アール壁 あーるかべ 曲線で構成された壁のこと。
RC・RC造(鉄筋コンクリート構造) あーるしー・あーるしーぞう 鉄筋コンクリ-トを主体とする構造。ラ-メン構造(柱と梁で構成)と壁式構造(一定の厚さの壁の長さで構成)がある。
IHクッキングヒーター あいえっちくっきんぐひーたー ガラスプレ-トの下のコイルに電気を流し磁気を発生させた磁力線が、鉄製の専用鍋に電流を生じさせ鍋自体を発熱させる電磁調理器のこと。
相番 あいばん 同じ作業をする仲間。異業種の人同士で作業する仲間。大工・左官などの手伝い人夫。
アイランドキッチン あいらんどきっちん キッチンの配置方法のひとつ。流し台や調理台の一部を壁から離し、島(アイランド)のように独立して配置する形式のキッチン。
アウトドアリビング あうとどありびんぐ 床の高さを室内に揃えた外部テラスなどの空間(もう一つの屋外リビング)のこと。
上り框 あがりかまち 玄関の土間からホ-ル・廊下へ上る段差の高い床の見切部分に取付ける化粧材のこと。天然木・大理石・御影石などが使われる。
上げ裏 あげうら 建物を見上げる部分。庇・軒天・階段などの裏側の個所。
朝顔 あさがお 外部足場で、落下防止のため板を斜めに突き出して張った養生板。
足場 あしば 高所作業を行う場合に組み立てる仮設の作業用の床・通路。
網代 あじろ 木材の薄板や竹皮などを編んだ化粧材。天井などに使われる。
アスファルトシングル あすふぁるとしんぐる アスファルトルーフィングに着色砂を付着させたもの。勾配屋根の屋根葺き材として使用される。
アスベスト あすべすと 天然の繊維状ケイ酸塩という鉱物で石綿(せきめん・いしわた)と呼ばれている。耐火性・断熱性に優れ、建築材料として使われてきたが、これを長期に渡り使用し体内に入り込むと、じん肺や悪性中皮腫になる可能性が高まり現在では使用禁止となっている。
遊び あそび 部材と部材が取り合い部分の寸法上の逃げしろのこと。
圧着貼り あっちゃくばり タイルを貼る工法の一つ。中塗(中込め)で平坦にした面に接着剤をつけタイルを貼って行く方法。
アバレ現象 あばれげんしょう 木材が乾燥することで仕上面に変形を起こす現象や、長い年月の間に風雨にさらされ屋根がねじれたりする現象のこと。
アプローチ  あぷろーち 門から建物の入口迄の通路のこと。
雨押え あまおさえ 壁と庇、屋根と煙突との間などに取付けて雨の浸入を防ぐ板。
雨樋 あまどい 屋根を流れる雨水を軒先に集め、地上まで導いて排水する部材のことで大きく軒先に付ける軒樋と外壁に沿って上下方向に付ける竪(たて)樋に分かれる。
アルコーブ  あるこーぷ 壁面の一部を外部側に突出させて形成される付属的な部屋のこと。
合わせガラス あわせがらす 2枚のガラスを透明な接着フィルムによって重ね合わせたもの防犯性、耐衝撃性に優れている。
合せガラス あわせがらす 安全ガラスの1つで、透明な樹脂の中間膜を2枚の板ガラスではさみ込み、高熱圧着したもの。中間膜がある為、ガラスが割れても破片の飛散落下が殆どない。
アンカーボルト あんかーぼると 主に鉄骨部材や木造の土台と基礎を緊結する為のコンクリートに埋め込んだボルト。
異形鉄筋 いけいてっきん 鉄筋とコンクリートの付着を良くする為、表面に節状の突起をつけた鉄筋。
市松模様 いちまつもよう 2色を互い違いに配置した模様のこと。
一文字葺き いちもんじぶき 屋根の葺き方の一つで、専用の一文字瓦を使用し軒先瓦の水平方向が一直線上になる葺き方。
犬走り いぬばしり 建物の周りの床に40cm~60cm位の幅で建物を取りまくように土間コンクリートが打たれた部分。雨水の跳ね返りによる外壁面の汚れや基礎部分が濡れることを防ぐ。
イモ いも 柱の組み方のひとつで、ホゾ穴をあけずに切放しのまま、釘やカスガイなどで組むこと。又、枠の組み方でコーナーを45度で切って組み合わせず、切り放しで組み合わせること。
いも目地 いもめじ タイルやレンガの張り付け方で垂直方向の目地が真っ直ぐに通っているもの
芋目地 いもめじ れんが造またはコンクリートブロック造などで、目地が縦方向に連続して通っている目地のことを言う。
入母屋 いりもや 屋根形状の一つで、寄棟と切妻を組み合わせたもの。
インナーテラス いんなーてらす 室内の床の一部をタイル貼りにして、グリーンを飾るなど住まいの内部にアウトドア感覚を取り入れた空間のこと。
ウォールキャビネット うぉーるきゃびねっと 壁面に取り付ける吊戸棚のこと。
請負契約 うけおいけいやく 一定の仕事の完成に対して、一定の報酬を支払う(受けとる)ことを約束する双務契約。
うだつ うだつ 棟続きの隣家との境の壁を屋根面より突き出したもので、延焼防止の役割をしていた。よく古い商家の街並みに見られる。うだつを上げて財産を守ることから、その逆の意味で「うだつが上がらない」という言葉が生まれた。
内断熱 うちだんねつ 主要構造体の室内側に断熱材を敷設する工法
内法 うちのり 開口部などで、内側の寸法の事。
ウッドデッキ うっどでっき 庭に面したテラスの上に設ける木製の甲板のこと。
うま うま 足場用として歩み板や各材を架渡す為の4本脚の台。長い材料を車で運ぶ場合に車の屋根を傷つけない様に置く4本脚の台。鉄筋のかぶりを取るためのスペーサー。
馬目地 うまめじ タイルやレンガの張り付け方で垂直方向の目地が互い違いになるもの。
裏板 うらいた 屋根裏に張りつけた板。
裏打材 うらうちざい 金属屋根材の裏に張られた素材(ポリエチレンホーム)。断熱・遮音の為に用いる。
上框 うわがまち 戸・障子などの周囲の枠のうち、上部の横木のこと。
上端 うわば 部材の上面のこと。天端(てんば)とも言う。
ALC板 えーえるしーばん 軽量気泡鉄筋コンクリート板。壁、屋根下地、床下地などに使われる。
液状化現象 えきじょうかげんしょう 水が飽和している緩い砂質の地盤が、地震により水圧が急激に上昇し地盤が液状になる現象。
エキスパンションジョイント えきすぱんしょんじょいんと 細長い建物やL型建物などで、建物の地震時の変形などに追随できるようにした接合部のこと。
エキスパンドメタル えきすぱんどめたる 網目状の鋼板のこと。
エクステリア えくすてりあ 門扉・塀・フェンス・カーポートや庭園など、住宅の外構全体を指して使われる。
エコロジー壁紙 えころじーかべがみ 財団法人日本環境協会が認定した、地球にやさしい商品と言われる壁紙のこと。
エスアールシー(SRC) えすあーるしー 鉄骨鉄筋コンクリート構造の略。
HI(エッチアイ) えっちあい 耐衝撃ビニールパイプ。(給水用に良く使われている)
HT(エッチティー) えっちてぃー 耐熱給湯管(ビニール製)
江戸間 えどま 関東地方の都市部で用いられてきたもので1間が1820mm。
FRP(強化プラスッチック) えふあーるぴー 熱硬化性の樹脂とガラス繊維で出来た素材。特徴として軽くて錆・腐りがない。
FL(エフエル) えふえる 床仕上の上端(高さ)のこと。
MDF(中質繊維板)
Medium Density Fiber Board
えむでぃーえふ 木材から抽出した木材繊維を特殊な接着剤で熱圧を加え成型した中質繊維板。建具や窓枠等の心材に使われる。
LVL合板
Laminated Veneer Lumber
えるぶいえるごうはん ラワンと同様な製造方法で、薄板の繊維方向をそろえて接着したものがLVL。造作用と構造用がある。
エルボ えるぼ パイプ同士をLの字につなぐ継手・曲り。
鉛直荷重 えんちょくかじゅう 建物に重力と同じ方向に働く荷重。建物自重・積載荷重・積雪荷重等。
追い貼り おいばり リフォームの場合などで既存の床・壁・天井材を剥がさずに、その上から新しい材料を貼る事。
横架材 おうかざい 梁、桁などの骨組で水平方向に架け渡された構造材のこと。
応力 おうりょく 外力に応じて部材を変形させたり、壊そうとする外力と逆向きの部材内に発生する力。軸応力(引張・圧縮)・せん断応力・曲げ応力の3種類がある。
応力度 おうりょくど 単位面積当たりに作用する応力の大きさ。
大壁 おおかべ 室内の柱や梁を壁で包んで骨組みを見えなくする仕上。
オーバーハング おーばーはんぐ 2階が1階より外部に張り出した部分。
大引 おおびき 床材で根太を受ける部材。
送り おくり 間隔・ピッチのこと。図面上は「@」で表す。
納まり おさまり 部材同士の取合いや取付具合、仕上の程度のこと。
尾垂れ おだれ 軒先の垂木の木口を隠す横板(鼻隠しとも言う)や、水切の為のバルコニーや庇の先端につける立ち下がりのこと。
落し掛け おとしがけ 「床の間」の上部に床と平行に入れる部材のこと。
おなま おなま 傷のない完全なもののこと。
鬼瓦 おにがわら 大棟(おおむね)や降(くだ)り棟の端に飾る瓦。
折上天井 おりあげてんじょう 天井の形状のひとつで、天井を部分的に高くして周囲と段差をつけた形状。

topへ戻る

問い合わせ
お問い合わせ

tel

フォームでのお問い合わせ

ご質問等お気軽にご相談下さい。