リフォームは日進のアリーブホームまで
HOME>建築用語集

| 建築用語集 |

か行
用語 読み方 説明
カーテンウォール かーてんうぉーる 耐力壁ではない外壁のことで、ガラス・プレキャストコンクリート板・金属板など。
カウンタートップ かうんたーとっぷ 流し台の左右にある調理台や作業台のこと。
かき落とし かきおとし モルタル等の厚めに塗った壁材の表面をかき落として、独特の微妙な凸凹を出す仕上方。
ガルバリウム鋼板 がるばりうむこうはん 米国のベスレヘムスチール社で開発されたアルミニウム・亜鉛合金めっき鋼板。
グラスウール ぐらすうーる ガラスを繊維状にした断熱・吸音材のこと。
クラック くらっく 亀裂、ひび割れのこと。
グルニエ ぐるにえ 屋根裏部屋や屋根裏収納スペースでロフトとも言う。
グレーチング ぐれーちんぐ 屋外排水溝の蓋などに使われる格子状の金物。鋳鉄製が一般的でFRP製もある。車両などの荷重にも耐えられる。
クローゼット くろーぜっと 収納スペースで衣類を収納する場所に用いる言葉。
ケイカル板 けいかるばん 珪酸カルシウムを主原料の一つとして成形された板。耐火・耐水性に優れる。
螻蛄羽(ケラバ) けらば 切妻屋根の端の部分。桁端(けたばし)。
コーキング こーきんぐ 部材間の継ぎ目や窓枠と壁などの隙間に詰めるパテ状の充填材のこと。
コンパネ下地 こんぱねしたじ 屋根下地に用いる合板。
階高 かいだか ある階の床面から、その上の階の床面までの高さのこと。
外構工事 がいこうこうじ 建物本体以外の外部廻りの工事。舗装工事・排水工事・造園植栽工事など。
外力 がいりょく 地震力や風圧力のこと。
確認申請 かくにんしんせい 建物を建てる場合に建築基準法に適合しているかを必要な図面等をつけて役所に申請すること。
額縁 がくぶち 窓や壁の枠に取り付けた壁の見切り縁。
笠木 かさぎ 塀や手摺などの上部にかぶせる仕上材のこと。
鴨居 かもい 障子、襖を入れる上側の溝のある水平方向の部材のこと。
瓦棒 かわらぼう 金属板葺き屋根で、傾斜の方向に一定間隔に並べて取り付ける棒状の材を使用した屋根のこと。
乾燥材 かんそうざい 建物の変形などを防ぐ為に乾燥させた住宅用木材。木材の乾燥収縮による建物の変形(そり・ねじれ・曲がり)を考えた場合、木材の含水率は平均18%以下の乾燥材を使用する。
管柱 くだはしら 階上と階下が横架材で区切られている間に入る柱。これに対して上下階に1本で通っている柱を通柱(とおしばしら)と言う。
間接照明 かんせつしょうめい 照明の光を天井や壁に反射させて利用する照明方法。
基礎 きそ 建物の上部構造からの荷重を地盤に伝える最も下の構造部分。独立基礎・布基礎・ベタ基礎などがある。
基礎パッキン工法 きそぱっきんこうほう 基礎と土台の間に専用のパッキン材を挟み、湿気のこもりやすい床下の空気を滞りなく換気する工法のこと。通常の床下換気口の1.5~2倍の換気能力がある。
基礎断熱 きそだんねつ 床下換気口を設けず、基礎内部に外からの空気を完全に遮断し、布基礎外周に断熱材を張った基礎のこと。高気密高断熱仕様の場合に用いられるの基礎。
許容応力度 きょようおうりょくど 部材が破壊しない安全な強度のこと。
境界線 きょうかいせん 敷地と道路、敷地と敷地との境を示す線。
強化ガラス きょうかがらす ガラスを高温加熱した後、空気で急冷したガラス。強度が高く、割れた場合でも破片が粒状になって安全であるが高価なガラス。
強制換気 きょうせいかんき 送風機を使用して行う機械換気のこと。
かね 直角を指す言葉で「カネが出ている」「カネが出ていない」などと言う。直角が出ていないという意味。
矩計図 かなばかりず 建物を垂直に切断した断面詳細図。地盤面・基礎・床・柱・構造材・仕上材床高・天井高・軒高などの高さや寸法関係、基礎廻り・開口廻り・軒廻り・屋根廻りの納まりを表す。
矩勾配 かねこうばい 屋根の勾配が45度の勾配を言う。
躯体 くたい 柱、耐力壁、スラブ、梁等の骨組みのこと。
掘削 くっさく 土掘り。
沓摺 くつずり 扉に下に入れる床の見切部材。
栗石 くりいし 岩石を割って作った基礎地業に使う石材。基礎の下に敷き、突き固めて地盤を強固にするために使う。
繰型 くりがた 建築物、家具等の飾りとして付けられる帯状の装飾でモールディングとも言う。
珪藻土 けいそうど 珪藻類の遺骸が海底に堆積してできた土で壁材として使われる。多孔質であるため、調湿や脱臭効果がある。
型板ガラス かたいたがらす 視線をさえぎることのできる透明ではない表面のガラスのこと。
型枠 かたわく 硬化していないコンクリ-トを流し込み形を作る為の仮設の枠組みのこと。コンクリ-トで建物や基礎をつくる場合に木製型枠や鋼製型枠(メタルフレーム)がよく用いられている。
軽量モルタル けいりょうもるたる セメントにパーライトなどの軽量骨材を混ぜ水で練り合わせたもの。
けた 木造軸組で柱・壁などの上にある横架材のこと。
結露 けつろ 空気がある一定の温度(露点温度)以下になり、余った空気が凝結して水滴となった状態のこと。目で見る事の出来る『表面結露』と構造体内部に発生する『内部結露』がある。結露は木材を腐らせる原因の一つとなる。
建築面積 けんちくめんせき 建築物の外壁又は、柱中心線で囲まれた部分の水平投影面積。1m以上飛び出した庇等は、1m差し引いた部分の面積も含める。
建蔽率 けんぺいりつ 建築面積の敷地面積に対する割合。
現場成型 げんばせいけい 現場で使用する箇所に併せて材料を加工する事。
勾配天井 こうばいてんじょう 室内の天井を屋根形状に合わせて水平ではなく傾斜させた天井のこと。
工程表 こうていひょう 着工から竣工までを各工事種別に、作業量を日数に換算するなどして示した表。
杭基礎 くいきそ 建物の荷重を地耐力で支持できない場合に、支持地盤まで杭を打込み荷重を伝える基礎。
構造用合板 こうぞうようごうはん 建物の構造耐力上主要な部分に使われる合板で特類と1類がある。
構造用集成材 こうぞうようしゅうせいざい 節や割れなどの欠点を取り除いたラミナ(挽き板)を繊維方向に組合せ、接着剤で接合した木材加工製品で狂いや割れが生じにくい。
降りコーナー くだりこーなー 寄棟屋根の四隅に取り付ける瓦。降り棟の終端。
高規格住宅 こうきかくじゅうたく 寸法・耐久性等について優れた水準を有する住宅として住宅金融公庫が認めた住宅のこと。
剛床工法 ごうしょうこうほう 構造用パネルや構造用合板を、住宅の2階や3階の梁や根太に直接張る工法のことです。この工法は水平力に対して特に優れており、一般の在来工法に比べ4倍以上の剛性がある。
剛性 ごうせい 建物の骨組に外力が加わった際の弾性変形初期の抵抗の度合い。
剛接合 ごうせつごう 部材の接合形式の一つで骨組に外力が加わり部材が変形しても接合部が変形しない接合方法。
蹴込 けこみ 階段の踏板先端から下の踏板の足の踏込み部分が引っ込んでいる部分のこと。
蹴上 けあげ 階段の一段の高さ。
小屋組 こやぐみ 屋根の荷重を柱や壁に伝える骨組のこと。
切り付け きりつけ 室内側からみた壁と天井、壁と壁、壁と床のような面と面が交差して出来る入隅部分のこと。
切妻 きりづま 屋根形式の一つで、棟から両側に勾配屋根があり、反対側は壁になっている形式。
切土 きりど 土を削ること。
組子 くみこ 格子窓や障子・欄間等で縦横に組み合わされた桟のこと。
組立梁 くみたてばり 複数の単一材を組み合わせて造った梁。
被り かぶり コンクリート表面から鉄筋、鉄骨までの被覆厚(距離)。
片流れ かたながれ 屋根の形状のひとつで、片側だけに流れをもつシンプルな屋根形。
北側斜線 きたがわしゃせん 敷地の真北方向から受ける斜線制限で北側隣地に対して日照の影響が出ないように建物の高さを制限する措置のこと。通常用途地域として、1種・2種低層住専、1種・2種中高層住専に適用される。
霧除け きりよけ 雨や霧が家の中へ入るのを防ぐため、出入口や窓の上などに設けた小さな庇。
かすがい 土台・軸部・小屋組・その他の部材の緊結に用いる金物。

topへ戻る

問い合わせ
お問い合わせ

tel

フォームでのお問い合わせ

ご質問等お気軽にご相談下さい。