リフォームは日進のアリーブホームまで
HOME>建築用語集

| 建築用語集 |

さ行
用語 読み方 説明
採光 さいこう 各居室に求める採光上有効な開口面積。
サイディング さいでぃんぐ 外壁に使用するボードで合板系、セメント板系、金属板系などがある。
在来工法 ざいらいこうほう 土台・柱・梁・桁などの軸組部材に木材を用いた軸組工法で、日本の伝統的木造工法。
竿縁天井 さおぶちてんじょう 和室に用いられる天上の一つ。天井板を下から支える形で、45㎝ほどの間隔をあけて竿を並べ、それをデザインとした天井。
座金 ざがね ボルトにナットを締め付ける際に、母材にナットやボルト頭がめり込まないようにする鋼製の板。
座金付ボルト ざがねつきぼると ホールダウン金物と土台、梁の緊結のために使うボルトの一つ。
ささら桁 ささらけた 階段で段板を支えるために両端に斜めに掛け渡すものを桁と言い、上端部が階段の段なりに加工されているもの。
さしがね さしがね 直角になった金属の定規。
さね 板同士をつなぐときに、板の木口に加工する凹凸。これがないと、板が乾燥収縮した際、隙間が空いてみっともない。
サポート さぽーと コンクリートの圧力から、型枠を守る為の鉄製の支持棒。ボルトで長さを調整出来る。
更地 さらち 土地上に建物などの構造物がない敷地。
桟木 さんぎ 瓦(かわら)葺きなどの屋根下地。
GL(ジーエル) じーえる 建築物の建つ土地の表面(高さ)のことを言う。
シート防水 しーとぼうすい 塩化ビニールや合成ゴムシートなどのルーフィングを接着材で下地に張り付け防水する工法。
シーリング材 しーりんぐざい サッシ廻り、接合部分、建物の目地廻りに充填するゴム状のもの。
市街化調整区域 しがいかちょうせいくいき 都市計画上、市街化を抑制すべきと定められた区域。開発禁止を前提とした区域なので建築しようとすると様々な制約がある。用途や規模によっては建てられない。
直張り じかばり 板などを張る場合に下張りを設けず直接下地に張る工法。
軸組工法 じくぐみこうほう 在来工法に同じ。
四合院 しごういん 中国の伝統的な住宅様式の一つで、中庭を囲むように東西南北に建物が建てられる様式。
地震力 じしんりょく 地震時に建物に加わる水平力。
下端 したば 部材の下面のこと。
漆喰 しっくい 消石灰、化学のり、つなぎ材、砂、水等で練った白い塗り壁用の材料。
シックハウス症候群 しっくはうすしょうこうぐん 建材から発生するホルムアデヒドなどの揮発性有機化合物(VOC)などによって室内空気が汚染され、アレルギーなどの症状を引起し体の不調をおすこと。症状として頭痛、吐き気、目や鼻、喉の痛みなどがある。
シナ合板 しなごうはん 表面にシナ(シナノキ)材を張った合板。非常にきめ細かく綺麗で木目はほとんどない。その質感には木肌の温もりがある。内装材や家具等に使われる。塗装した後も表面が美しく 仕上がある。
遮音性能 しゃおんせいのう 音を遮る性能のこと。
しゃくる しゃくる 木材の一部を凹状態に薄く削り取ったり、角を薄く直角に切り取る事。
尺貫法 しゃっかんほう 日本古来の度量衡法。現在でも在来工法の住宅では長さの寸法体系として尺・間を単位として使われている。
借景 しゃっけい 日本庭園の造園技法のひとつで、庭園外の遠くの山や樹木などの風景を借り、あたかもそれがその庭のものであるかのように利用して、自然景観を人工物に取り込む手法。
集成材 しゅうせいざい 厚さ2.5~5㎝の板(ラミナー)を、繊維方向を長さの方向にして積層接着したもので、長さおよび幅継ぎともに行われる。
書院 しょいん 禅宗寺院での住持の公家、武家住宅では居間兼書斎として用いた部屋。
上合 じょうごう 雨樋の「軒樋」と「竪樋」を結合する部分。
上棟式 じょうとうしき 新築の祝福と工事の無事完成を祈願するために、建前を行い、棟木を納めたときに行われる儀式。
真壁 しんかべ 和室の壁仕上げで、柱や梁が現れるように仕上げたもの。
芯木なし瓦棒 しんぎなしかわらぼう 瓦棒葺屋根で、瓦棒の芯となる木材を使わない工法。
水平力 すいへいりょく 建物に加わる地面と水平方向の力で、地震力、風圧力などがある。
スウェーデン式サウンディング調査 すうぇーでんしきさうでぃんぐちょうさ 地盤の硬軟、強度、締り状況を判断する地盤の調査方法のひとつ。調査結果に基づいて基礎工事の概要を検討することになる。
数奇屋 すきや 庭園の中に独立して建った茶室。
スケルトン すけるとん 柱、耐力壁、スラブ、梁等の構造体のことを言う。
筋交 すじかい 構造物を地震や風圧に対して丈夫にする為に、骨組のなかに斜めに入れ水平力に抵抗する部材。
筋交プレート すじかいぷれーと 在来工法の筋交の取付を確実にする為に用いられる金物。土台と柱、柱と梁と共に接合する金物。
スタイロフォーム すたいろふぉーむ 押出発泡ポリスチレンの商品名。断熱材として使用。
捨てコンクリート すてこんくりーと 基礎のフーチングや土間コンクリートを打設する前に、割栗や砕石地業の上に打つコンクリート。
捨谷工事 すてだにこうじ 瓦と瓦の接合部分から進入した雨水を処理する為に行う板金工事。
スパン すぱん 構造物を支持する骨組の支点間距離で柱と柱の距離など。
墨出 すみだし 建物を建てる上での基準となる位置を出すこと。水平や、垂直の線を、柱や壁・床等に付けること。
スラブ すらぶ 主にコンクリート住宅の床のことをスラブと言い、床の仕上面はフロアと言う。スラブ天(上端)をSL、フロア天(上端)をFLと呼ぶ。
スリーブ すりーぶ 配管などが床や壁を貫通する場合に開ける穴のこと。
スレート すれーと モルタルに石綿などを混ぜ、機械で圧縮して造った屋根材。
スロープ すろーぷ 通常、階段で上り下りする高低差がある床の部分を滑らかな傾斜を付けた通路にしたものを「スロープ」と言う。
背、成 せい 梁などの部材断面で上端から下端までの高さ。
積載荷重 せきさいかじゅう 積雪によって建物に加わる荷重や建物の床に加わる荷重。
施工 せこう 工事を実施すること。
接合部 せつごうぶ 部材同士の取り合う部分。
石膏プラスター せっこうぷらすたー 主成分は硫酸カルシウムで石膏を主材とする左官材料。水に溶ける性質があり、内装に使用される。
石膏ボード せっこうぼーど プラスターボードとも言う。石膏を練って平らに伸ばして作った不燃材の板。
セットバック せっとばっく 敷地の境界線から外壁を後退させること。
セメント瓦 せめんとがわら セメントや砂などを原料として作った瓦。
背割り せわり 柱などの木材表面に、乾燥によるひび割れを防ぐ為、切れ目を入れること。
層間変形角 そうかんへんけいかく 地震時に対する建物の水平変位を階高で割った値。
造作 ぞうさく 骨組が完成したあとに施される内外の木工事のこと。
総掘り そうぼり 土工事で建物の前面にわたって根切りすること。
添え柱 そえばしら 柱の脇に添えられた小柱。
ソーラーハウス そーらーはうす 給湯、冷房、暖房を太陽熱を利用して行ったり、自家発電を行う家。
ソケット そけっと パイプとパイプを直線でつなぐ継手。
袖瓦 そでがわら 切妻屋根などの端に用いる瓦。螻蛄羽(けらば)瓦。
袖隅瓦 そですみがわら 袖(けらば)の終端に用いる瓦。
外断熱 そとだんねつ 基礎、外壁、屋根などの構造体の外気側に断熱材を納める断熱方法。
ぞろ ぞろ 隣接すル2つの部材の表面が段差がなく同じ平面に納まること。「ぞろで納める」などと言う。

topへ戻る

問い合わせ
お問い合わせ

tel

フォームでのお問い合わせ

ご質問等お気軽にご相談下さい。