リフォームは日進のアリーブホームまで
HOME>建築用語集

| 建築用語集 |

た行
用語 読み方 説明
耐震診断 たいしんしんだん 既存建物の耐震性の判定を行うこと。
耐震性能 たいしんせいのう 地震に対して建物が耐えられるかどうかの安全性の度合。
対面式キッチン たいめんしき 厨房設備機器の配列形式の1つ。台所側の人と食堂側などの人が向き合うかたちに流し台や調理台など配列するキッチンのこと。
ダイヤフラム だいやふらむ 鉄骨造の柱梁等の接合部の応力伝達を担い、仕口の剛性を高めるために設ける鋼板。
耐力 たいりょく 骨組や構造部材が外力に対して、破壊せずに耐えられる最大の力。
耐力壁 たいりょくへき 地震、風圧による水平力、建物自重・積載荷重などの鉛直力に地震力にも抵抗できるように設計した壁のこと。
タイルカーペット たいるかーぺっと 50cm角程度の大きさのタイル状のカーペット。運搬・施工・部分的な取り替えが容易。
ダクト だくと 通風路の事。換気扇などの排気を送る管。送風管。
打設 だせつ コンクリートを型枠に流し込む作業を言う。
畳み折り たたみおり ハゼの種類のひとつ。たたみはぜとも言う。
畳寄せ たたみよせ 畳と壁との間にできる隙間を納める横木。柱面と壁面とのちりを埋めるもの。上端を畳面にそろえる。
立端、建端 たっぱ 建物の高さなどを表す言葉。
竪樋 たてとい 縦に使う筒状の雨樋で屋根に落ちた雨水を軒樋が集め、それを竪樋が地盤面まで導く。
建前 たてまえ 木造建築の骨組を現場で組み立てる作業のこと。
タペストリーガラス たぺすとりーがらす サンドブラストでガラス表面を荒らしたあと、エッチングして滑らかな不透明感を付加したガラス。すりガラスと異なり汚れが付きにくい。
玉掛け たまかけ 重量物をクレーンなどで吊る場合、その重量物にワイヤーロープやスリング(布の帯)などでなわ掛けする事を言う。
垂木 たるき 屋根を支えるため、棟から軒先にかけて渡す屋根下地の木材。
断熱材 だんねつざい 熱の遮断・保温のために用いる熱を伝えにくい材料でガラス繊維・コルクなどがある。
チーズ ちーず 3本のパイプをつなぐT字形の継手。
地耐力 ちたいりょく 地盤の支持可能な耐力。
ちぢみ塗装 ちぢみとそう 金属屋根に用いられる塗装の一種。
中間検査 ちゅうかんけんさ 工事の途中で行う検査。
丁番 ちょうばん 開き戸等の吊り元に取付けられる金物。
ちり ちり 二つの部材の平面間の段差。寸法にして2mm~15mmぐらいのもの。
ツーバイフォー工法(2×4工法) つーばいふぉーこうほう 枠組壁工法。2インチ×4インチの規格材を基本に組んだ枠組に構造用合板などを打ち付けたパネルで壁や床を作る柱や梁ない工法。
つか 木造住宅などで床や母屋等を支える縦材。床束、小屋束、吊束等がある。
束石 つかいし 束を受けるのに用いられる部材。
継手 つぎて 2つの部材を材軸方向に接合するときの継ぎ方。
繋ぎ梁 つなぎばり 独立基礎を連結し柱脚の回転や不同沈下を防ぐために設ける梁。小屋組を固定するために小屋梁間に渡す横木。
壷掘り つぼぼり 独立基礎などで、基礎ごとに必要な寸法だけをに掘る根切りのこと。
吊子 つりこ 瓦を屋根下地に固定する為の金具。
吊り元 つりもと 開き戸の丁番のある方を言う。
定尺板 ていじゃくいた 一般サイズにカットされた鋼板のこと。小板定尺365×1212mm(1尺2寸×4尺)と幅広小板定尺455×1212mm(1尺5寸×4尺)がある。
定尺板横葺 ていじゃくいたよこぶき 鋼板の葺き方の一種。
定尺一文字葺 ていじゃくいちもんじふき 定尺板を屋根に使用するサイズにカットし、ハゼを掛け合わせて葺く鋼板の代表的な葺き方。
定着 ていちゃく 鉄筋やアンカーボルトが引き抜けないように、コンクリートに固定すること。
出隅 ですみ 壁などで2つの面が出合ってできる外側の角。
鉄筋コンクリート てっきんこんくりーと コンクリートを鉄筋で補強した構造材料。=RC
DENスペース でんすぺーす 書斎、隠れ家的な部屋、趣味を楽しむための部屋を示す。
天端 てんば 部材の上面のこと。=上端
天窓 てんまど 天井(屋根)に設けられた窓。有効採光面積は一般の窓の面積の3倍ある。
陶器瓦 とうきがわら 成形乾燥後、吸水率を抑えるために釉薬を付けて焼成した粘土瓦。
凍結深度 とうけつしんど 地盤の凍結がしなくなる地表面からの深さで基礎深さはこれより下に施工する。
胴差 どうさし 木造で2階以上の床の位置で床梁を受け、上下階の管柱を受ける横架材。
胴縁 どうぶち 壁材を施工する為の下地材で柱と柱に渡す幅の狭い横木。
塔屋 とうや 屋上に出る為の階段室やエレベーター用の機械室など部分的に突出している空間こと。(ペントハウスとも言う)
通し柱 とおしばしら 木造において、1階、2階を貫通して立てられた柱のこと。
独立基礎 どくりつきそ 柱の位置に単独で設けられる基礎。
床の間 とこのま 和室の上座に取り付けられた一段高い床。
土台 どだい 柱からの荷重を基礎に伝える横材。布基礎やベタ基礎などの基礎の上にアンカーボルトで緊結する。
トラップ とらっぷ 衛生設備器具に近い排水配管の一部に水をためて、臭気の逆流を防止する装置。排水口のある設備には必ず付ける。
廻り縁 まわりぶち 壁の上側と天井との境に貼る化粧板。

topへ戻る

問い合わせ
お問い合わせ

tel

フォームでのお問い合わせ

ご質問等お気軽にご相談下さい。