リフォームは日進のアリーブホームまで
HOME>建築用語集

| 建築用語集 |

は行
用語 読み方 説明
パーゴラ ぱーごら 柱で支持された屋根部分を格子状に組んだ屋外の棚。
パーティクルボード ぱーてぃくるぼーど 木材の削片などに接着剤を加え熱圧成形した板材。
ハーフティンバー はーふてぃんばー 柱・斜材・梁などの骨組を外部に現し、石材や土で壁間を充填したイギリスの木造建築様式の1つ。
排煙窓 はいえんまど 火災時の煙を外部へ排出するために設けられた窓。
PS(パイプスペース) ぱいぷすぺーす 各階をつなぐ配管設備が収められているスペースです。図面上は「PS」と表す。
刷毛引仕上 はけびきしあげ 左官仕上で、塗り材をこてで押さえた後、硬化しないうちに表面に刷毛で荒し目を付ける仕上方法。
羽子板ボルト はごいたぼると 木造の仕口部分が外力を受けたときに抜け落ちないように、材を連結する羽子板状の形をしたボルト。
箱金物 はこかなもの コの字形をした木造用の補強金物。土台と柱、通し柱と胴差しなどの仕口に用いられる。
柱割り はしらわり 平面図に対して柱の位置を決めること。
ハゼ はぜ 板金工事により、トタンやステンレスの板の端を折り曲げ噛み合わせる部分。
ハゼ掛け はぜがけ ハゼとハゼを掛け合わせること。
ハッチ はっち 天井・床・屋根などへ人が出入りするために設けた開口用の蓋。
斫り はつり 表面を砕いて削り取る事で、コンクリートやブロックを砕いて削り取ること。
鼻隠し はなかくし 軒先で垂木先端の木口を隠すために取付ける横版。
巾木 はばき 壁の下側と床との境に貼る化粧板のこと。ビニール製の物をソフト巾木と言う。
破風板 はふいた 切妻(きりづま)造りや入母屋(いりもや)造りの妻側にある三角形の部分に打ち付けた板。
パブリックスペース ぱぶりっくすぺーす リビングダイニングなど、家族がくつろいだり、人を招いたりする場所。
パラペット ぱらぺっと 建物の屋上、テラスのへり、橋梁の両側などに設け、人の落下を防ぐ手摺部分。
はり 2階以上の床や屋根を受ける構造材の中で水平方向にいれる構造材。
バリアフリー ばりあふりー 子どもや高齢者が安全に生活できるようにバリアー(障壁)を取り除いた設計のこと。床の段差・道路から玄関まで段差・建具の幅や廊下の幅・手摺などを配慮した設計。
梁成 はりせい 梁の上端から下端までの寸法。
板金 ばんきん 金属板や帯板を、常温のまま曲げたりしぼったりして加工すること。
バンク工法 ばんくこうほう 勾配の少ない屋根で防水加工をすること。
パンチングメタル ぱんちんぐめたる 金属板に種々の形状の穴を打ち抜いたもの。
パントリー ぱんとりー 食料品や食器類を貯蔵する専用の部屋。
火打 ひうち 木造で床組や小屋組の変形を防止するために設ける斜材。1階床に用いるものを火打土台、2・3階床、小屋組で用いられるものを火打梁と言う。木材のものと金物のものがある。
火打ち梁 ひうちばり 胴差しや梁の直角の交点に対し水平に斜めに入れる補強材のこと。地震時や風圧の横力に対し水平剛性を保つもので、木造在来方法では必ず入れる部材。(法的にも必要である)
引込戸 ひきこみど 戸を壁の中や壁に沿って引込むことのできる引戸。
引戸 ひきど 水平方向に動かして開閉する建具。
引き寄せ金物 ひきよせかなもの 木造建物が水平力を受けた場合に、耐力壁にかかる引抜き力に抗するために、1階では基礎または土台と柱、2・3階の管柱では柱と柱、柱と梁へ取付ける金物。
引張強度 ひっぱりきょうど 材料が外部から引っ張られ破壊するときの強度。
ヒモ ひも サッシ枠と柱、柱と合板などの間に出来る小さな隙間を隠す化粧木(10mm~15mm角)
ピロティ ぴろてぃ 2階建て以上の建物において、1階部分を壁で囲わず、外部と連続させて開放した空間のこと。
品確法 ひんかくほう 「住宅の品質確保の促進等に関する法律」の略称。
VP(ヴィピー) ぶいぴー 給排水に使われるビニールパイプ。(VUに比べ肉厚)
VU(ヴィユー) ぶいゆー 木造住宅の排水に使われるビニールパイプ。(VPに比べて肉薄)
風圧力 ふうあつりょく 風による建物に加わる水平力。建物の高さ、形状、建設地により大きさが変わる。
フェルト ふぇると ラス板の上に貼る黒い防水紙。
フォースター(F☆☆☆☆) ふぉーすたー シックハウスの一因となっているホルムアルデヒドを含む建材の中で最もその放散量を迎えた規格。この建材を使えば仕上面積の制限はない。F☆☆☆以下の建材は仕上面積の制限を受ける。又、タイルや石などはホルムアルデヒドを放散することはないので規制対象外。
フカシ ふかし 実際の大きさよりひと回り大きくつくること。
葺き替え ふきかえ 屋根の瓦・板などを新しいものと替えること。
吹抜 ふきぬけ 上階の床がなく、上下階が一体となっている空間。
複層ガラス ふくそうがらす 2枚の板ガラスの間に空気層を設けた断熱性の高いガラス。「ペアガラス」とも呼ぶ。
ふすま 和室の建具。木で骨組を作り両面に紙などを張った戸を言う。
不同沈下 ふどうちんか 建物の基礎の沈下量が一様でなく、建物に亀裂が入ったり、傾いたりすること。
ふところ ふところ 2つの面がつくる空間のこと。
ふね 左官仕事でモルタルを練る容器のこと。
不燃材料 ふねんざいりょう 燃焼せず、防火上有害な変形・溶融・亀裂が起こらず、有害な煙・ガスを発生しないものとして大臣が指定する建築材料。難燃→準不燃→不燃の順に燃えにくくなる。
踏板 ふみいた 階段の踏面の板。
PB(プラスターボード) ぷらすたーぼーど 「石膏ボード」とも言う。壁や天井の下地材。防火性・遮音性・断熱性があり、施工性に優れる。ビニールクロスやペイントで仕上げをする。
プラ束 ぷらづか 1階床の大引を支える部材。
プレカット ぷれかっと 大工さんが図面をもとに柱や梁に墨付けをし、現場で手加工していた部分を、コンピューター制御による最新の機械ですべて行ない、手加工によって生じやすい品質のバラツキをなくし、現場の省力化、工期の短縮を計る工場生産システム。
プレハブ ぷれはぶ プレハブリケーションの略。現場以外のところであらかじめ製作して現場に搬入して組立てる施工。
フロートガラス ふろーとがらす 基本的に一般の透明ガラスのことで金属の液体の上に浮かせて平板ガラスをつくることからこの名がある。このガラスは薄く緑がかっている。
分電盤 ぶんでんばん 分岐回路用の開閉器、ヒューズなどの保安装置を集めて取付けたもの。
ペアガラス ぺあがらす ガラスを2枚用い、中に空気層を挟んで断熱性能、結露防止、防音効果を高めたガラスのこと。省エネ効果が大きく、結露による建物に対する悪影響も少なくなる。
平板スレート へいばんすれーと 粘板岩の薄板。屋根葺(ふ)き材などにする。天然スレート。
平米 へいべい ㎡(平方メートル)のこと。1坪=1.82m(1間)×1.82m(1間)=3.3124㎡
壁面後退 へきめんこうたい 隣地境界線や道路境界線から建物の外壁面を、ある距離まで後退させること。
ベタ基礎 べたきそ 建築物の基礎構造のひとつ。柱の下だけでなく、建築物の土間全面に配筋を入れ基礎スラブとして建築物を支える基礎のこと。
偏心率 へんしんりつ 建物の重心と剛心のずれの割合。ずれが大きくなると、地震時などに、建物を回転させる力が大きくなり、耐震性能が悪くなる。
ボイド ぼいど コンクリートの床や壁に予めスリーブを入れる時に使用する厚紙で出来た円筒形のもの。
方形 ほうぎょう 水平の棟(大棟)がなく、屋根の頂点から四方に降り棟が降りた正方形の屋根。
方立 ほうだて 連続窓の間に立てて窓建具を補強する柱のことをいう。
防煙区画 ぼうえんくかく 火災時に建物内の煙の拡大を妨ぎ避難を容易にするため一定の床面積で区画すること。天井から下方に50cmまでが不燃になっていると防煙区画になる。
防煙垂れ壁 ぼうえんたれかべ 防炎区画ごとに天井に付ける下り壁で不燃材料のガラスが主に使用される。
防火構造 ぼうかこうぞう 延焼防止のために、床、壁、天井の防火性能を建築基準法で定めたもの。
防水紙 ぼうすいし 防水性をもたせた紙。屋根や外壁の下地材の上に敷く。
方杖 ほうづえ 柱とそれに取合う横架材の入隅に入れる斜材。
ホールダウン金物 ほーるだうんかなもの 水平力を受けた場合に、耐力壁にかかる引抜き力に対応する為に、基礎又は土台と柱、柱と柱、柱と梁へ取付ける金物。
補強金物 ほきょうかなもの 木造の継手や仕口部で接合部の補強や材料の脱落防止のために用いられる金物。
ポストフォーム ぽすとふぉーむ 曲面をもつカウンターの天板や棚板などの木口の表面にポリエステル樹脂又は、メラミン樹脂を圧着したもの。
ホゾ ほぞ 木材を組み合わせる際、片方の木材に穴をあけ、反対側の木材の先をその穴に埋まるように加工して組み合わせるが、その加工した穴のことをホゾと言う。
ポリエステル化粧合板 ぽりえすてるけしょうごうはん 合板の表面にポリエステル樹脂を貼ったもの。「ポリ合板」と呼ぶ。その表面仕上げは多種多様であり、汚れにも強い。似た素材にメラミン化粧板がある。
ポリカーボ ぽりかーぼ ポリカーボネイトのこと。衝撃に非常に強い樹脂。ガラスの代わりに使われる。しかし、引っかき傷はガラスより付きやすく、紫外線劣化もガラスに劣る。
ホルムアルデヒド ほるむあるでひど メチルアルコールを酸化させた刺激臭のある気体で、防腐剤として建築材料に用いられてきたもの。しかし人体への影響が大きいので、平成15年から使用制限と空調設備の義務付けが適用されている。
本谷工事 ほんたにこうじ 屋根と屋根の谷の部分の板金工事。

topへ戻る

問い合わせ
お問い合わせ

tel

フォームでのお問い合わせ

ご質問等お気軽にご相談下さい。