リフォームは日進のアリーブホームまで
HOME>建築用語集

| 建築用語集 |

ま行
用語 読み方 説明
曲り棟 まがりむね 一直線ではなく、途中で折れ曲がった棟。
マグサ まぐさ 開口部の上部にある柱間に渡した横架材。
間口 まぐち 建物や敷地を道路側や建物の玄関側などの主要な方向から見たときの幅。間口に対して直角方向は奥行という。
間仕切壁 まじきりかべ 空間を分割する壁。間仕切壁の中には、構造上重要な壁とそうでない壁、防火上重要な壁とそうでない壁がある。
窓台 まどだい 開口部の下部にある柱間に渡した横架材。
間柱 まばしら 荷重を支えるために柱ではなく、ただ壁を造るための骨組とするために、管柱と管柱の間に立てる柱を間柱という。
見え掛かり みえがかり 直接目に見える部分のこと。
磨き仕上 みがきしあげ 塗装、塗り壁、石などの材料の表面を研磨し、平滑面を造って光沢を出す仕上方法。
見切 みきり 仕上の終わる部分、仕上の取合い部分、仕上の異なる境目部分のこと。これらの部分につける部材が見切材。
見込 みこみ 材料を正面から見た時、その奥行
水切 みずきり 外壁の下面などに雨水が壁を伝わって入ってくるのを防ぐためにつけるもの。
見付 みつけ 材料を正面から見た巾の事をいう。
みなし道路 みなしどうろ 法律上「道路とみなす」とされる2項道路等においては実際に幅員4mなくても、「法律上は幅員4mある道」があるものとして扱うことをいう。
宮大工 みやだいく 豊富な知識と技術、経験が必要とされる社寺建築の施工を専門とする大工。
棟瓦 むながわら 屋根の棟を葺くのに用いる瓦。熨斗(のし)瓦・丸棟・角棟などを言う。
棟木 むなぎ 棟の頂部にある母屋と同じ役目をもつ水平部材。
棟束 むなづか 小屋梁や敷桁にあり、棟木を支える小屋束。
むね 二つの屋根面が接合する部分で屋根の最も高い所。位置と構造により、大棟・降棟(くだりむね)・隅棟などと呼ぶ。
棟上 むねあげ 木造建築の骨組を現場で組み立てる作業のこと。(建前・上棟とも言う。)
棟面戸 むねめんど 軒先から瓦を葺き、最後に棟瓦と接する部分のすきま。
無目 むめ 敷居・鴨居用の部材で、建具用の溝のないもの。
目板 めいた 板材の継目をふさぐ幅の狭い板のこと。
銘木 めいぼく 材面の鑑賞価値、材質などが優れたもの。
メーターモジュール めーたーもじゅーる 従来から木造建築では尺貫法の3尺=91cmを基準単位として使っているが、世界基準のメートル法を基準としたものを「メーターモジュール」と呼ぶ。
目地 めじ パネル類、タイル、石、れんが、コンクリートブロックなどの貼り付けや組積において、素材が隣り合う部分に生じる継ぎ目。
目透かし めすかし 隣り合う二つの部材のすき間をあけること。
メタルラス めたるらす 外壁や軒裏のセメントモルタル塗りの下地に用いるスチール製の金網。
メラミン化粧板 めらみんけしょうばん 表面がミラミン樹脂になっている樹脂系の板。その表面仕上げは多種多様であり、汚れにも強い。似た素材にポリ合板がある。
免震構造 めんしんこうぞう 積層ゴム支承、滑り支承、ローラー支承あるいはオイルその他の粘性や鋼材等の復元力特性を利用したダンパーなどの装置・機構を設け、地盤から建築物へ伝わる振動を絶縁したり固有周期の調整によって応力や変形を制御しようとする構造。
地震力が直接建物に伝わらないように、地盤と建物の間に地震エネルギーを吸収する装置を設けた構造。
免震構造 めんしんこうぞう 地震力が直接建物に伝わらないように、地盤と建物の間に地震エネルギーを吸収する装置を設けた構造。
面戸 めんど 波形状の瓦を葺き、終端で壁などの間にできるすきま。面戸瓦。
面取 めんとり 部材の角を落とすこと。丸みをつけることもある。
モーメント もーめんと 物体を回転させたり曲げようとする働きのこと。
木毛セメント板 もくもうせめんとばん 木材を薄く削った木毛とポルトランドセメントに、水と硬化剤を加え、加圧成形した改良木材のボード。
モジュール もじゅーる 建築の基本となる寸法のこと。一般の日本の住宅は910mm(メーターモジュールは1000mm)
母屋 もや 棟木に平行に取付け、垂木を支持する水平部材。間隔は900程度、大きさは90角とし、屋根勾配にならって、上端当り欠きなどとする。
モルタル もるたる 一般にセメント、水、砂を混ぜて練り合わせたセメントモルタルのこと。ほかに石灰、水、砂から作る石灰モルタルなどがある
三つ又 みつまた 大棟と二つの隅棟との接合部。

topへ戻る

問い合わせ
お問い合わせ

tel

フォームでのお問い合わせ

ご質問等お気軽にご相談下さい。