リフォームは日進のアリーブホームまで
HOME>建築用語集

| 建築用語集 |

や行
用語 読み方 説明
矢板 やいた 軟弱地盤の掘削後に土砂崩れが起きないように、掘削範囲に連続的に打込む土留め用の板。木製、鋼板、鉄筋コンクリート製などがある。
役物 やくもの 出隅用のタイルのように、材料の通常の形状に対し特殊な形状のものを言う。瓦では鬼瓦、隅瓦、谷瓦など。
山形プレート やまがたぷれーと 木造で引抜き力を受ける柱と横架材などの接合に用いるV形をしたZマーク表示金物。
遣方 やりかた 建物の着工前に杭を打ち貫を打付けて、建物位置や壁の中心などを示すために作るもの。
ヤング係数 やんぐけいすう 材料によって異なる材料の変形しにくさを表す係数。
釉薬瓦 ゆうやくがわら 成形乾燥後、吸水率を抑えるために釉薬を付けて焼成した粘土瓦。
床荷重 ゆかかじゅう 床に作用する荷重のことで、床自重、積載荷重など。
床下換気口 ゆかしたかんきこう 床下の湿気を排湿するのため基礎立上り部に設けられる換気口のこと。床下換気口に変わり基礎パッキンによる換気も多い。
床束 ゆかづか 1階床の大引を支える部材。一般には木材が用いられるが、樹脂製(プラ束)、鋼製もある。
床面積 ゆかめんせき 建築物の各階又は、その一部で壁その他の区画の中心線で囲まれた部分の水平投影面積。
雪止め ゆきどめ 屋根に積もった雪が滑り落ちるのを防ぐ為、軒に丸太・板・金具などを取付けたもの。雪の落下防止用の役物が付いた雪止め瓦もある。
雪見障子 ゆきみしょうじ 主に庭の景を楽しむために下から腰の高さまでガラスをはめ込んだ障子。
ユニバーサルデザイン ゆにばーさるでざいん バリアフリーが障害を前提に設計されるのに対し、「ユニバーサルデザイン」とは、障害の有無・年齢・性別などにかかわらず、すべての人が気持ちよく使えるように、あらかじめ都市や生活環境を計画的に設計する考え方。
養生 ようじょう 工事中に仕上がった部分を傷つけたり汚したりしないように保護すること。又、コンクリートが一定の強度に達するまでの保護期間のこと。
容積率 ようせきりつ 建築物の延べ面積の敷地面積に対する割合のこと。容積率は、都市計画の各用途地域別に一定の範囲内の割合として定められたものがある。
用途地域 ようとちいき 地域のあるべき姿を想定して、建物の種類や規模などを制限した都市計画法によって指定された地域のこと。住居系、商業系、工業系の用途地域が定められている。
擁壁 ようへき 造成工事などで、土砂の崩壊を防ぐために造られる構造物。
寄棟 よせむね 大棟(おおむね)の両端から四方に隅棟(すみむね)が降りる形式の屋根。屋根面は台形と三角形が二つずつからなる。四注造り。
寄棟鬼 よせむねおに 寄棟の棟の端に飾る鬼瓦。

topへ戻る

問い合わせ
お問い合わせ

tel

フォームでのお問い合わせ

ご質問等お気軽にご相談下さい。